女性用育毛剤の成分〜塩酸ピリドキシン

ここでは女性用育毛剤の成分の1つである、塩酸ピリドキシンについてお話していきたいと思います。

 

お薬

塩酸ピリドキシンは育毛剤以外にも多くの用途に用いられている成分であり、血液中のヘモグロビンを作る働きもあることから貧血の治療薬に利用されたり、口内炎の治療薬にも活用されたりしていますが、アボカド・バナナ・ピーナッツ等に含まれているビタミンB6でもあります。

 

以上のことから塩酸ピリドキシンは血を作るビタミンとも言われ、貧血を解消されて体内を循環する血液の量が増え、栄養を含む血液が頭皮の毛細血管を通して毛根に運ばれていくのです。

 

毛根では毛乳頭細胞が栄養をキャッチし毛母細胞に細胞分裂の指示が出されるのですが、この時の塩酸ピリドキシンの効果は血液の量を増やす効果によって、髪の成長をサポートするというものになります。

 

フケのある頭

またその他にも頭皮環境の改善効果や抗炎症作用、フケや痒みを抑制する作用もあるため、育毛環境を整える働きもあるのです。

 

シャンプー剤の刺激や皮脂過剰による雑菌の影響等が原因で起きる頭皮の炎症は、本人が気づかずに起きてしまうことが多いのだそうですが、塩酸ピリドキシンはこのような炎症も抑えて、毛根へのダメージを防いでくれます。

 

またフケの大量発生は毛穴詰まりの原因となりますが、特に皮脂過剰な人のフケは皮脂や汗等のからみ合いによって、角栓様の物質を形成してしまい、毛穴に詰まって脱毛の原因となって脂漏性脱毛症が起きやすくなり、痒みがあって羊皮を掻いてしまうことでも、頭皮には傷がつきやすくなります。

 

塩酸ピリドキシンは、これらの頭皮環境を悪化させやすい原因による症状を緩和する効果もあるのです。

 

塩酸ピリドキシンは育毛剤の成分として使用する場合は体内への吸収は殆どありませんし、配合されている量も僅かですので副作用の心配は全くありません。

 

またサプリに配合されている場合には、もし指示された量より摂り過ぎてしまいますと、胃腸系のトラブル原因になってしまいますので、必ず説明書通りの摂取量と飲み方をするようにしてください。ただそれでも水溶性ビタミンとして体外に排泄されますので、あまり大袈裟に考える必要はないと思います。

 

塩酸ピリドキシン配合の女性用育毛剤は「花蘭咲(からんさ)」

花蘭咲(からんさ)

「ミューノアージュ」、他おすすめ女性用育毛剤はこちら

関連ページ

センブリエキス
センブリエキスの効果。 センブリエキスはマイナチュレ、ベルタ育毛剤など定番人気にも配合されています。 センブリエキスがどのように女性の薄毛・抜け毛に効くのでしょうか?
グリチルリチン酸ジカリウム
ここでは女性育毛剤の代表的な成分の中から、グリチルリチン酸ジカリウムについてお話していきたいと思います。グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸K2・グリチノンK2等の別称もあり、甘草から抽出される誘導体となっています。甘草は漢方でお馴染みの薬用植物であり、気管支系の疾患に効果のある薬草として、長い歴史と評価を確立しています。
酢酸DL-α-トコフェロール
ここでは女性用育毛剤の成分の中から、酢酸DL-α-トコフェロールという成分について、お話していきたいと思います。この成分は育毛剤の成分の中では、抗炎症作用や血流の促進・代謝向上等の効果が期待されている成分です。
ピロクトンオラミン
女性用育毛剤に配合されている成分〜ピロクトンオラミンについて。ピロクトンオラミンとは、元々は環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンから形成されているアミン塩というものであり、殺菌薬として用いられる有機化合物という位置付けのものです。
パントテニルエチルエーテル
女性用育毛剤に配合されている成分〜パントテニルエチルエーテルについて。この成分は育毛剤だけでなく、他の多くの化粧品にも配合されている成分です。元々はビタミンの1種であり、ビタミンB群に属していたものを利用しやすい形にしたのが当成分であり、れっきとした栄養素の1つでもあります。
フルボ酸
フルボ酸とは?女性の髪にハリとコシを取り戻すために作られた「RiJUN」(リジュン)の中で、高い成分伝達力が話題となっていて、特許も出願中の注目成分です。
リデンシル
リデンシルとは?副作用の少ないキャピキシル、ピデオキシジルに次ぐ次世代の育毛成分と言われているものです。その成分についてまとめています。 参考にしてみてください。
エビネエキス
エビネエキスというと、希少なエビネ蘭から抽出されたもので、「花蘭咲」で使われている成分です。 このエビネエキスの効果などをまとめてみました。