フルボ酸とは?〜「RiJUN」(リジュン)に配合されている特許出願中の大注目成分

リジュン

女性向けスカルプエッセンス「RiJUN」(リジュン)の主成分「フルボ酸」

 

女性の髪にハリとコシを取り戻すために作られたRiJUNの中でのフルボ酸は、高い成分伝達力で話題となっており、頭皮に栄養を届ける貴重な成分として特許も出願中。

 

次世代のヘアケア成分として大きな期待が寄せられているリデンシルと共に、二大有効成分となっています。ちなみに当製品では合わせて72種のヘアケア成分がナノ化され、香料・着色料・鉱物油・パラベン・紫外線吸収剤・シリコン・ホルモン・ラノリンが無添加となっています。

 

リジュン無添加

 

フルボ酸とは森の土壌の中に存在している有機酸の1つであり、イオンの力でカルシウムやマグネシウム等のミネラルを植物に届ける浸透力が注目を集めている成分です。

 

この栄養素を運ぶ浸透力に着目され、ヘアケア剤に使用されたものと思われ、女性ホルモン等のバランスの変化によって届きにくくなった、しっかり頭皮に届けてくれます。

フルボ酸

 

フルボ酸は元々植物が自然の力で分解された際に、土や海底に少しづつ生み出されている成分であり、10年かかってやっと約1cmだけ堆積すると言われています。

 

これらのことが判明したのは、腐植酸を研究していた或る大学の先生の研究の中であり、しかも意図することなしに偶然見出されたことだそうです。

 

そのためスカルプケア業界では、ダイヤの原石に近い存在であるとされています。

 

フルボ酸は植物が倒木や枯死等の状況に展開した後、微生物の力で長い年月をかけて分解されたものから取り出すものなのですが、スカルプケアに採用するについては、多くの条件をクリアする必要がありました。

 

即ちフルボ酸と金属とを安定的に結合し、植物や生物の中に取り込みやすくする働きや、土壌の栄養を山から川や海に運び出し、海藻や微生物・魚等に届ける即ち運び出して届ける力が、スカルプケアにフィードバックする実験を行う中で、段々に成果が得られてきたものなのです。

 

フルボ酸

 

これからのスカルプケアは、このフルボ酸なしには語ることは出来ないであろうとまで賞賛されています。フルボ酸を配合したスカルプエッセンスの使用を強くお勧め致します。

 

リジュン口コミ

 

リジュン公式サイト

 

ありがとうございます。感謝しています。天御中主様、お助けいただきありがとうございます。

関連ページ

センブリエキス
センブリエキスの効果。 センブリエキスはマイナチュレ、ベルタ育毛剤など定番人気にも配合されています。 センブリエキスがどのように女性の薄毛・抜け毛に効くのでしょうか?
グリチルリチン酸ジカリウム
ここでは女性育毛剤の代表的な成分の中から、グリチルリチン酸ジカリウムについてお話していきたいと思います。グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸K2・グリチノンK2等の別称もあり、甘草から抽出される誘導体となっています。甘草は漢方でお馴染みの薬用植物であり、気管支系の疾患に効果のある薬草として、長い歴史と評価を確立しています。
酢酸DL-α-トコフェロール
ここでは女性用育毛剤の成分の中から、酢酸DL-α-トコフェロールという成分について、お話していきたいと思います。この成分は育毛剤の成分の中では、抗炎症作用や血流の促進・代謝向上等の効果が期待されている成分です。
ピロクトンオラミン
女性用育毛剤に配合されている成分〜ピロクトンオラミンについて。ピロクトンオラミンとは、元々は環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンから形成されているアミン塩というものであり、殺菌薬として用いられる有機化合物という位置付けのものです。
パントテニルエチルエーテル
女性用育毛剤に配合されている成分〜パントテニルエチルエーテルについて。この成分は育毛剤だけでなく、他の多くの化粧品にも配合されている成分です。元々はビタミンの1種であり、ビタミンB群に属していたものを利用しやすい形にしたのが当成分であり、れっきとした栄養素の1つでもあります。
リデンシル
リデンシルとは?副作用の少ないキャピキシル、ピデオキシジルに次ぐ次世代の育毛成分と言われているものです。その成分についてまとめています。 参考にしてみてください。