女性用育毛剤に配合されている成分〜ピロクトンオラミン

女医さん

ピロクトンオラミンとは、元々は環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンから形成されているアミン塩というものであり、殺菌薬として用いられる有機化合物という位置付けのものです。

 

皮脂の酸化により生じる過酸化脂質の生成を抑制し、殺菌作用により微生物の繁殖を抑え、細菌等により生成される皮脂分解物の生成も抑える働きをする成分です。

 

細菌以外の真菌に対する効果も高く、真菌用の外用薬として化粧品の防腐剤に用いられる場合もあります。

 

白色乃至は微黄色の結晶性の粉末であり、若干独特の匂いがします。

 

当成分は育毛剤の成分としては頭皮を清潔に保って、フケ・痒み・汗等の不快な臭いを防ぐ成分となっており、殺菌・抗酸化・頭皮の過剰分泌の抑制等の効果があります。

フケの女性

フケ予防効果もあるのですが、個人差があると言われています。

 

頭皮には皮膚常在菌という菌があって、病原菌等から頭を守るバリアとして働くのですが、その1つである真菌マラセチアと皮脂が結び付き、フケ増殖の原因となってしまう場合もあります。

 

しかし当成分は真菌に対しても殺菌効果を発揮しますので、このようなフケの発生に関係する真菌の殺菌効果により、フケ防止効果を発揮する場合もあるのです。

 

但し、頭皮のバリア機能として働く良い細菌や良い真菌も殺菌されてしまい、バリア機能が低下してしまうリスクもあるため、乾燥肌の人や、乾燥が原因の抜け毛の症状を持つ人、フケに関する悩みのない人には、あまりメリットのない成分であるとも言えます。

 

勿論毒性のない安全且つ良質な成分ではあるのですが、有効成分の1つとして認められているものですので作用が若干強めになっており、体質によっては合わない場合もあるということです。

 

これは他のどんな成分についても言えることですが、育毛剤を購入して使用を始める前に、自分の薄毛や抜け毛の原因や症状、また自分の肌質や頭皮の性質をよく確認し、自分が1番治したい症状に効く成分が配合されているかどうかも確認してから、購入し使用することが大切です。

 

ピロクトンオラミン配合の女性用育毛剤は「ミューノアージュ」

「ミューノアージュ」、他おすすめ女性用育毛剤はこちら

ありがとうございます。感謝しています。天御中主様、お助けいただきありがとうございます。

関連ページ

センブリエキス
センブリエキスの効果。 センブリエキスはマイナチュレ、ベルタ育毛剤など定番人気にも配合されています。 センブリエキスがどのように女性の薄毛・抜け毛に効くのでしょうか?
グリチルリチン酸ジカリウム
ここでは女性育毛剤の代表的な成分の中から、グリチルリチン酸ジカリウムについてお話していきたいと思います。グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸2K・グリチルリチン酸K2・グリチノンK2等の別称もあり、甘草から抽出される誘導体となっています。甘草は漢方でお馴染みの薬用植物であり、気管支系の疾患に効果のある薬草として、長い歴史と評価を確立しています。
酢酸DL-α-トコフェロール
ここでは女性用育毛剤の成分の中から、酢酸DL-α-トコフェロールという成分について、お話していきたいと思います。この成分は育毛剤の成分の中では、抗炎症作用や血流の促進・代謝向上等の効果が期待されている成分です。
パントテニルエチルエーテル
女性用育毛剤に配合されている成分〜パントテニルエチルエーテルについて。この成分は育毛剤だけでなく、他の多くの化粧品にも配合されている成分です。元々はビタミンの1種であり、ビタミンB群に属していたものを利用しやすい形にしたのが当成分であり、れっきとした栄養素の1つでもあります。
フルボ酸
フルボ酸とは?女性の髪にハリとコシを取り戻すために作られた「RiJUN」(リジュン)の中で、高い成分伝達力が話題となっていて、特許も出願中の注目成分です。
リデンシル
リデンシルとは?副作用の少ないキャピキシル、ピデオキシジルに次ぐ次世代の育毛成分と言われているものです。その成分についてまとめています。 参考にしてみてください。