冬の抜け毛対策

雪だるま

ここでは女性の冬の抜け毛対策について、お話していきたいと思います。

 

冬は1年の中でも特に乾燥がひどくなる季節である訳ですが、当然肌や肌の延長上である頭皮も冬の外気に晒されてダメージを受けやすくなりますので、抜け毛の原因になる場合もあります。

 

また寒さで身体が冷えることによって血行不良や毛根の栄養不良を起こし、抜け毛が酷くなってしまう可能性もあります。

 

震える女性

寒さで血管が収縮し、栄養がキチンと毛根まで栄養が行き届かなくなってしまうのです。

 

冬の抜け毛対策では、何よりも乾燥を解消予防する保湿と血行不良を防ぐ対策をとることが大切です。

 

では次に抜け毛が酷くなる原因から、抜け毛対策を考えてみましょう。

 

シャンプーの見直し

まず1つ目は毎日のようにお風呂でシャンプーをすることです。

シャンプーする女性

特に界面活性剤等の添加物の含まれた洗浄力の強すぎるシャンプーで、毎日念入りにシャンプーをしてしまいますと、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうことになりますので、頭皮の乾燥を招いて抜け毛の原因となりかねません。

 

暑い夏に毎日洗うのはやもう得ませんが、それでも1日に何度も洗うのは論外なのですから、冬に夏と同じ位の頻度で髪の毛を洗うのは以ての外です。

 

ただでさえ乾燥しやすくなっている頭皮を、更に乾燥させかねない頻繁な洗髪は控え、多くても1日おきとして、無添加植物性由来成分中心の、マイルドなアミノ酸系のノンシリコンのシャンプーで洗うようにすると良いでしょう。

シャンプーの仕方

 

また頭皮は掻いたり洗髪の際に力を入れてゴシゴシ洗ったり、爪を立てて洗ったりしますと傷が付いて傷めてしまいますので、指の腹で揉み込むように優しく洗うことが大切です。

 

そして濯ぎもシャンプーの落とし残しのないように十分に時間をかけて行い、入浴後は普通のタオルで頭皮や髪の毛をゴシゴシ拭かずに、柔らかめのタオルで水分を押しとるようにしましょう。

 

頭皮マッサージ

その後のドライヤーは冷風と熱風を上手く使い分けて9割程度乾かし、育毛剤等を付けてマッサージをすると良いと思います。

 

そして洗髪の前にはよくブラッシングをして髪のもつれをといておき、お湯だけで洗って髪の毛の汚れを落としておくことも勧めします。

 

シャンプーとはそもそも、頭皮の汚れを落とすためのものであって、髪の毛の汚れのほとんどはお湯だけで落ちるものだからです。

 

どうしても毎日洗髪をしたいのであれば、お湯だけで洗う日とシャンプーをする日とを交互にする等の工夫をしてください。

 

生活習慣

次は生活習慣についてです。

タバコを吸う女性

生活習慣の中で特に控えて欲しいのは過度の喫煙です。

 

過度の喫煙は血管を収縮させますので控えめにするか、可能であれば禁煙することをお勧めしたいと思います。

 

血管の収縮は血行不良を招き、頭皮に栄養を届けにくくしてしまうからです。

 

食事

次に食事に関することですが、特に塩分の多い食事を頻繁に摂っていますと高血圧につながりやすくなり、血圧の上昇は毛根にいく筈の血液が届きにくくなるのです。

 

乾燥対策

生姜

その他、乾燥対策としては部屋に加湿器や、水を汲んだコップや洗濯物を干す等して、乾燥しない工夫をすることも大切です。

 

また血行不良を防ぐ対策として、マフラーやストールを巻いて首を温めたり、身体を温める唐辛子や生姜を摂り過ぎない範囲で摂取しても良いと思います。

関連ページ

夏の抜け毛の原因と対策
夏というのは紫外線の強い季節です。 汗も大量にかきます。 建物の中と外の気温差で体温調節も結構厳しい季節。この季節の頭皮ケアはものすごく大切です。
季節毎の抜け毛・薄毛対策
季節毎の抜け毛・薄毛対策。抜け毛薄毛対策は勿論1年を通して行う必要があるものですが、季節により気温や天候や湿度に差があり、頭皮の脂が出やすくなったり逆に乾燥したりする場合がありますので、それぞれ別の対策をとる必要があります。
抜け毛の多い季節
季節によって抜け毛の多い時期があるのを知っていますか?その時期が来て慌てふためかないように、今のうちから女性用育毛剤や育毛シャンプーなどで対策をしていきましょう。
抜け毛が増える時期
動物に毛の生え変わりの時期があるように、人間にも同じような感じで抜け毛が多くなる時期があります。 自然現象ではありますが、それを機に進行する場合もあります。
秋の抜け毛対策
髪の毛は健康でも毎日平均100本程は抜けているそうですが、その中で1年を通して1番抜け毛が増えるのが秋だと言われています。勿論他の季節でも季節の変わり目には必ず抜け毛が増えるものですが、夏から秋にかけてが1番増えるタイミングなのだそうです。