抜け毛が増える時期ってある?

抜け毛の女性

結論から先に言いますと、季節的に女性が抜け毛がひどくなったと感じるのは春と秋だと言われています。

 

性別を問わず言えることですが、これは動物の毛が暑い夏や寒い冬に備えて生え変わる、自然脱毛の多くなる季節であるためです。

 

人の髪の毛は通常でも成長期→退行期→休止期というヘアサイクルを繰り返しており、頭皮や髪が健康な状態であっても、毎日平均して約100本程は抜け替わっていると言われています。

 

春と秋はそれに加えて、自然の摂理によって更に抜け毛が増えるというわけです。

 

ヘアサイクル

これは誰にでも起きることであって、身体に変調等を感じない限りは、特に心配する必要はないと思います。

 

しかしそこに外的な要因が加わって更に抜け毛が多くなってしまいますと、春や秋だけでなく、他の時期の抜け毛まで増えてしまう可能性が出てきます。

 

それは例えば夏にオシャレでスリムな水着を着るために、冬の終わりから春先にかけて、ダイエットのために栄養の偏った食事をしてしまった結果、髪に栄養が行き届かなくなって抜け毛がひどくなるというケースです。

 

日傘をさす女性

また春先の新年度に伴う学校のクラス替えや、職場の異動や転勤等の環境や立場の変化に伴う精神的なストレスや、夏の間のアウトドア活動の間に長時間頭皮や髪が紫外線にあたって傷む、プールや海に入った後にヘアケアを十分行わなかった場合でも、春や秋に抜け毛が増える原因になります。

 

また暑い夏の間の発汗により皮脂がたまって頭皮が硬くなってしまい、やはり頭皮や髪に栄養が行き届かなくなってしまう、春先に特に多く飛ぶ杉や雑草等の花粉が原因のアレルギー=花粉症による頭皮トラブル等によっても、やはり抜け毛がひどくなる場合があります。

 

頭皮が目立つ女性

頭皮が様々な要因によってコンディションを崩し、毛細血管から髪の毛の元となる毛母細胞に十分に栄養を送れなくなったり、毛母細胞自体がダメージを受ける等して発育が鈍ってしまうことで髪の毛が抜け落ちやすくなり、最悪の場合、そのまま髪の毛が生えてこなくなってしまうケースもあります。

 

女性には抜け毛からそのまま薄毛になってしまう、びまん性脱毛症が多く、早ければ女性ホルモンの分泌の減り始める30代後半から増え始め、髪の分け目付近が薄くなってしまったり、地肌が見えるようになってしまう場合もありますので、若い年齢の内から育毛対策を始める必要があります。