育毛効果を高める生活習慣

ここでは育毛効果を高める生活習慣として、睡眠・食事・運動の3つの観点からお話していきたいと思います。

睡眠

寝ている女性

まず1つ目は睡眠についてです。

 

育毛効果を高めるためには質の良い睡眠をとることが不可欠です。

 

睡眠中には成長ホルモンが分泌されますので、時間も質も伴った睡眠をとることによって、より育毛効果を促進させることが出来ます。

 

成長ホルモンとは身体の成長や代謝を促すために、疲労やダメージを回復させるために脳が出すホルモンの1種です。

 

睡眠時にこの成長ホルモンが十分に分泌されれば細胞が活性化して、日中に受けた身体のダメージを修復することが出来るのです。

 

髪の成長は睡眠中が最も顕著であると言われています。

 

質の高い睡眠をとることによって成長ホルモンの分泌がピークとなり、著しい育毛効果が可能なのです。

 

質の高い眠りとは?

ここでいう質の高い眠りとは、眠り始めてからの3時間の間により深い睡眠がとれている眠りのことです。

睡眠中

このような睡眠をとるためには…

  • 寝る1時間前に入浴を済ませる
  • 3時間までに食事を済ませる
  • お酒の飲める人は飲酒を控える
  • 5時間前にはカフェインの摂取を控える

ことが必須条件です。

 

但しこれらの条件を一度にクリア出来なくても、1つづつ取り入れていくと良いでしょう。

 

食事

食事

次は食事についてです。

 

食生活については、育毛には欠かせないタンパク質・ビタミン群・ミネラル等を意識して摂取することが大切です。

 

具体的には…

たんぱく質

動物性タンパク質 肉類・魚介類・卵類・チーズやヨーグルト等の乳製品
植物性タンパク質 豆腐・納豆・厚揚げ等の大豆性タンパク質

を含む食材を摂取するようにしましょう。

ビタミン群

B1 豚肉・ウナギ・たらこ・ナッツ類
B2 豚や鶏や牛のレバー・牛乳等
B6 カツオ・サンマ・バナナ等
B12 カキ・アサリ・ニシン等
葉酸 菜の花・枝豆・ホウレン草・芥子菜等
ナイアシン びんながまぐろ・落花生等
パントテン酸 鶏のもも肉・ニジマス・子持ちガレイ等
ビオチン イワシ等
ビタミンC 柑橘類と各種の野菜類

に、それぞれ豊富に含まれています。

海藻

ミネラルはヒジキ・ワカメ・昆布等の海藻類に特に豊富に含まれています。

 

毎日の食事に意識して取り入れることが大切となります。

 

食事だけでは不足していると感じたら、補助的にサプリやスムージーで摂取しても構いませんが、くれぐれも食事のメインにはしないようにしましょう。

 

運動

ジョギング

最後は運動についてです。

 

運動については、1日に最低でも20〜30分のウォーキング・ジョギング・水泳・ヨガ・筋トレ・ストレッチ・散歩等の運動の中で自分が無理なく出来るものを行なうようにしましょう。

 

最初にストレッチから始め、徐々に他の普通の運動を取り入れるようにするのが理想的です。

 

ストレッチは朝の起き抜けや寝る前に行なうと良いでしょう。

関連ページ

季節による髪・頭皮のケア
季節によって髪・頭皮のケア方法を変えることは髪を健康に保ち、薄毛・抜け毛を予防することに繋がります。