見た目年齢の決めては「美しい髪」です

美しい髪

ここでは髪の美しさがいかに見た目年齢の決めてになるのかについて、お話していきたいと思います。

 

実際に年齢を感じやすいところはドコかと聞かれた場合に、肌や髪だと答える人は少なくありません。

 

見た目を若々しく見せるためには、普段からハリ・ツヤ・コシのある美しい髪をキープしている必要があります。

 

ここでいうハリ・ツヤ・コシのある髪とは、髪の表面を覆っているキューティクルがキレイに整っていて、髪1本1本までシッカリした健康な髪のことです。

 

まず自分の髪が健康であるかどうかをチェックする必要があるのです。

 

髪が痩せている女性

例えば毛髪の太さ(直径)は0.05mm〜0.15mmと言われ、日本人の平均的な毛髪の太さは0.07mm〜0.08mmとされていますので、それより細い髪はハリ・ツヤ・コシの失われた髪だということになります。

 

これを指して「髪がやせる」といいます。

 

その原因には加齢・血行不良・ストレス・間違ったヘアケア等が考えられます。

 

また髪色は明るければオシャレな雰囲気になりますが、逆に薄い色ですと紫外線による悪影響を受けやすくなり、そのダメージが頭皮の内部に浸透していってしまうと言われています。

 

ダメージヘアの女性

毛髪の主成分であるタンパク質が分解されてしまい、ダメージヘアになってしまうのです。

 

心配な人は頭皮や毛髪に支障のない範囲で、髪色を暗くしてみるという方法もあります。

 

髪のハリ・ツヤ・コシのキープには髪表面のキューティクルを整えるため、シャンプーの後に洗い流さないタイプのコンディショナーやトリートメントを使うか、特にダメージが酷い場合は、洗い流さないタイプのものをダブル使いしてもいいと思います。

 

また洗い流すタイプのものを髪に付けた後にシャワーキャップをかぶり、入浴しながら5〜10分おいておいてから洗い流すという方法をとれば、美髪効果がより期待出来ると言われています。

 

この時は付ける量を守り頭皮には付けないようにし、濯ぎ残しのないように十分注意してください。

 

頭皮のケアする女性

こうした毎日のセルフケアに加えて、1ヶ月か2ヶ月に1度位は美容院やエステサロンでヘッドスパをしてもらいますと、頭皮の皮脂汚れも落ちて頭皮環境がキレイになり、美髪効果を得やすいヘアサイクルにすることも可能です。

 

また毎日気付いた時や洗髪時や女性用育毛剤を付けてからの、頭皮マッサージをを行うことも有効で、指の腹で頭皮を動かすか、指の腹で頭皮をトントンと軽く叩いて刺激するのはお勧めです。

 

これを最低でも毎日3分位行なっていく内に美しい髪になり若々しい印象を、周囲に与えていくことは十分に可能だと思います。

関連ページ

季節による髪・頭皮のケア
季節によって髪・頭皮のケア方法を変えることは髪を健康に保ち、薄毛・抜け毛を予防することに繋がります。