マイナチュレ(mynature)育毛剤はびまん性脱毛症にも効果を発揮します!

マイナチュレ(mynature)公式サイト

 

女性に多い脱毛症の1つに、びまん性脱毛症というのがあります。

 

びまん性脱毛症

女性向けの育毛剤としては定番のマイナチュレ(mynature)も、このびまん性脱毛症に大いに効果を発揮する女性用育毛剤です。

 

そこでここでは、どうしてマイナチュレ(mynature)にそのような効果があるのかについて、お話していきます。

 

「びまん」とは、広がる・はびこる・蔓延するという意味ですが、びまん性の脱毛症は、毛髪全体のボリュームがなくなって薄くなるのが症状の特徴です。

 

  • 頭皮が透けて見えるようになる
  • 髪の毛自体が細くなる抜け毛が増える
  • 髪の毛のコシがなくなる
  • つむじ付近の毛のボリュームが落ちる

等の症状も表れる場合があります。

 

マイナチュレ(mynature)成分

マイナチュレ(mynature)の育毛剤には、健康な毛髪に改善してくれる成分や、弾力のなくなった毛髪や、ダメージを受けた毛髪の修復をする成分も入っています。

 

男性用育毛剤として唯一市販されている、大正製薬のリアップにも含まれている、ミノキシジルと同じ位効果のある豊富なミネラルを含むミツイシ昆布や、原料にこだわった27種以上の天然植物由来成分により、びまん性脱毛症の症状を、改善することが可能になっています。

 

育毛効果の高さと、無添加無香料低刺激性等のこだわりによる肌への優しさが、両立されているのがマイナチュレ(mynature)の魅力の1つです。

 

ホルモン減少

びまん性脱毛症は、特に更年期前後の女性がなりやすいと言われています。

 

ホルモンバランスの乱れにより、髪の毛のツヤやコシを維持するエストロゲンが減少しやすいのですが、マイナチュレ(mynature)はそれらの症状の改善にも効果があります。

 

また、びまん性脱毛症になっていない人の予防対策にも利用出来ます。

 

びまん性脱毛症は、ストレスによる自律神経のバランスの乱れや、間違ったダイエット法によるダイエットによる栄養不足、ヘアカラーやパーマのかけ過ぎ、動脈硬化や循環不全等の病気等の原因でなる場合もありますので、心当たりのある人は、そちらの方でも対策をとることが必要です。

 

ヘアサイクル

人間の毛髪には成長期・退行期・休止期という、3つの期間から構成されるヘアサイクルがあり、ワンサイクルを終えるには約3ヶ月かかると言われています。

 

マイナチュレ(mynature)も最低3ヶ月は継続して使用した方が良いそうです。

 

つまりそれだけ長期間に渡って使用する必要があるということです。

 

無添加や無香料で肌にも優しい低刺激性の育毛剤であることには、きちんと意味があります。

 

敏感肌や乾燥肌の女性にもお勧めで、医薬部外品として厚労省の承認も得ています。

 

マイナチュレ(mynature)厚生労働省

 

またセンブリ・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸DL-α-トコフェロールの三大育毛成分により、育毛・薄毛予防・フケや痒みの抑制・病後や産後の脱毛の解消・脱毛予防・発毛促進・養毛等の、毛髪に関わる症状などにトータルに効果を発揮するのが、このマイナチュレ(mynature)なのです。

 

マイナチュレ(mynature)公式サイト

関連ページ

良くある質問集
女性用育毛剤を使っている女性、これから使い始めようと思っている女性がふと思う疑問、不安をQandA形式で解決します。 もし、見つからなかったら問い合わせフォームから質問してくださいね。