女性用育毛剤使っているのに抜け毛が増えた!好転反応と副作用の違い

女性用育毛剤を使用する際に起こる好転反応と、副作用との違いについてお話します。

 

好転反応とは

髪が抜ける女性

好転反応とは東洋医学独特の考え方であり、身体の状態が良い方向に進む前に、一旦症状が悪化するように感じられる現象に該当しますが、このような考え方は西洋医学にはないそうです。

 

薄毛治療における好転反応とは育毛剤を使用し始めた当初に、逆に抜け毛が増える現象のことであり、初期脱毛とも呼ばれています。

 

薄毛治療においては、治療に用いる薬剤や育毛剤の効果が高ければ高いだけ、初期脱毛も起きやすいのだそうです。

 

ヘアサイクル

それは人の毛根が成長期→退行期→休止期というヘアサイクルを繰り返しているためであり、この内の休止期は2〜3ヶ月だと言われています。

 

休止期とは役割を終えた髪の毛が自然に抜け落ちた後、新しい髪を生やす準備に入る時期にあたります。

 

役割を終えた髪の毛も一時的には維持されますが、育毛剤の効果によって次に生えてくる髪の毛の成長進度が早まるため、古い髪の毛をどんどん押し上げてきますので、結果として一気に抜け毛が増えることになります。

 

これを育毛剤の効果がないから、逆に抜け毛が増えてしまったのだと誤解する人が多いのです。

 

これらの抜け毛は自然の摂理を生かした育毛剤独特の効果の表れであって、本来何も心配は要らないのですが、育毛剤の使用に慣れていない人たちの中には、副作用のためではないかと心配する人もいます。

 

病院で処方される育毛剤については確実に効果が高いものですので、初期脱毛についての事前の説明はある筈ですが、メーカーの公式サイトからオンラインで申し込んで購入する際には、必ずしも注意事項として告知はないかもしれませんので、覚えておいた方がよいと思います。

 

副作用とは

一方副作用とは育毛剤の使用の継続に伴う病状の悪化ということになりますが、通常副作用が出たとしても、抜け毛を伴うということはないと言われています。

 

薄毛の女性

よくある症例は、育毛成分や添加物が肌に合わないために起こる頭皮の湿疹やかぶれ、最悪の場合は気分が悪くなること等があげられます。

 

但し病院で処方される内服薬に関しては、副作用によって内臓に支障をきたしたり、健康を損ねて抜け毛が増えるという可能性はあるとのことです。

 

このようなわけで、育毛剤を使用した際に1番起きやすいと思われるのは、主に頭皮の皮膚疾患ということになりますので、使い始めの一時的な初期脱毛=好転反応については全く心配は要りませんが、明らかな頭皮以上については注意している必要はあります。