女性用育毛剤の種類〜どんな種類がある?

育毛剤とはいっても厳密には、養毛剤・発毛剤・スカルプエッセンス・頭皮美容液等色々な呼び名があります。

 

また化粧品・医薬部外品・医薬品等に分類されるものでもあります。

女性用育毛剤

 

これは育毛剤の有効成分の配合や含有率等の細かい条件が関係しているのですが、主たる目的には、基本的には大きな違いはありません。

 

それは、「乱れた頭皮環境を整えてフケ・痒み・抜け毛等のトラブルを防止し、育毛や発毛を促進して、毛髪が太く長く育まれるようにサポートするため」使用されるべきもの、という点では共通しているからです。

 

育毛剤の特徴が各メーカーや商品毎に違うのは、目的を達成するためのアプローチの違いにあるのです。

 

ベルタ育毛剤

育毛剤の代表的なタイプとしては…

  • 血行促進タイプ
  • 毛母細胞活性化タイプ
  • 保湿タイプ
  • 女性ホルモン調整タイプ
  • 男性ホルモン抑制タイプ
  • 栄養補給タイプ
  • 皮脂分泌抑制タイプ

等があげられます。

 

育毛剤を使う女性

しかしこれはその1つの効果しか発揮しないということではなく、その育毛剤の持つ特徴の中で、特にこだわりを持って設定された効果ということです。

 

他の効果のある成分も配合されていますので、むしろその育毛剤の代名詞にも成りうるような効果と言った方がいいでしょう。

 

ですから自分の薄毛や抜け毛の原因や特徴、頭皮や肌質等と照合し、自分にとって1番合っていると思える効果を持つ成分が、メインとなっている育毛剤を選ぶようにすると良いでしょう。

 

髪がボサボサの女性

また年齢別で見た場合、10代・20代は加齢によるホルモン分泌の減少等の影響を受けることはなく、無理なダイエット・ストレス・乱れた食生活や生活習慣等、外的な要因抜け毛や薄毛がひどくなりやすいため、血行促進タイプや保湿タイプがお勧めです。

 

次にホルモンの分泌の減少が始まる30代では、血行促進・保湿の2つのタイプに加えて、女性ホルモンを調整するタイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

そして更年期を迎える40〜50代は、血行促進・女性ホルモン調整・男性ホルモン抑制の各タイプがおすすめです。

 

更年期を過ぎた60代以降血行促進タイプの育毛剤を選ぶというようにしてみてください。