自分に合った女性用育毛剤はどうやって選んだらよい?

ポイントする女性

ここでは薄毛や抜け毛に悩む女性が自分に合った女性用育毛剤を、どんな視点で選んだら良いのかについてお話していきたいと思います。

 

人によってどの視点から選ぶかはそれぞれ違うと思いますが、ここでは配合成分という視点から見ていきたいと思います。

 

成分によって何に効果があるかは違いますから、自分の症状と照らし合わせて見るとわかりやすいです。

 

育毛成分は大きく分けて、男性ホルモンの抑制・血管拡張・栄養補給・抗脂漏・保湿・消炎・頭皮代謝・抗菌・角質溶解・抗酸化の10種に分類出来るそうです。

 

どの成分にどんな効果があるかを基礎知識として持っていれば、それに基づいて成分表示を見て確認することが出来ます。

 

マイナチュレ(mynature)

ですので当然、成分表示が全て正確に表記されている製品であるのが前提です。

 

また多少高価でも通販で販売されているような、無添加で植物由来の成分中心の成分構成になっているものを選ぶのが理想的です。

 

これらのことを踏まえて育毛剤の香りが気になる人は、口コミで香りの評判の良いものか、無香料タイプのものにすると良いでしょう。

 

香りの良いものを選ぶとしても化学物質で作られた香りではなく、植物等の自然のものの香りがついているものが良いと思います。

 

ちなみに無香料でしたらマイナチュレ(mynature)、ミカンやレモン等の柑橘系の香りがお好みならば柑気楼や黄金宮、口コミで香りの好評なものならば、ラサーナ薬用地肌エッセンス・フェアリーロゼヘアエッセンス等があります。
他の配合成分も確認の上で御使用ください。

 

では症状に合わせた育毛剤のお話に戻ります。

 

フケや痒みが多くて困っている場合

花蘭咲

女性用育毛剤の保湿成分と角質溶解成分をチェックし、頭皮環境の改善に適した育毛剤を選ぶと良いでしょう。

 

代表的な育毛剤には、エビネ蘭から抽出したエビネエキス配合の花蘭咲(カランサ)があります。

 

頭皮ニキビや湿疹・肌荒れ等に悩んでいる場合

薬用のグリチルリチン酸2K等の消炎成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

 

消炎成分が豊富で頭皮環境も改善したいのであれば、マイナチュレ(mynature)やフエリーロゼヘアエッセンス等の育毛剤があります。

 

偏食等による環境ホルモンの影響で薄いヒゲ等が生えてしまっている人

男性ホルモンが優勢になっているということですので、その生成を抑制する成分の豊富な、やはりマイナチュレ(mynature)やフエリーロゼヘアローションといった女性用育毛剤があります。

 

抜け毛が急に増えてきたという人

血行促進成分と栄養補給成分に着目し、ビタミンやミネラル類の豊富なマイナチュレ(mynature)・花蘭咲・長春毛精・ビアンド・薬用ハリモア等の育毛剤があります。

 

年代別おすすめ女性用育毛剤
20代 マイナチュレ(mynature)・花蘭咲・フエリーロゼヘアエッセンス・ラサーナ薬用地肌エッセンス・小林製薬アロエ育毛液等
30代 マイナチュレ(mynature)・花蘭咲・フエリーロゼヘアエッセンス・M-1育毛ミスト・小林製薬アロエ育毛液
40代 マイナチュレ(mynature)・花蘭咲・フエリーロゼヘアエッセンス・M-1育毛ミスト・小林製薬アロエ育毛液
50代 マイナチュレ(mynature)・花蘭咲・ライオンフルリア・長春毛精・ビアンド・小林製薬アロエ育毛液・薬用ハリモア・ラサーナ・ベルタ育毛剤・レディス加美乃素等

ベルタ育毛剤