女性用育毛剤は授乳に影響しますか?

産前産後は女性ホルモンの急激な増加や減少の影響で、体毛が濃くなったり逆に抜け毛が多くなったりします。

妊娠中のママ

 

特に産後は「産後脱毛症」という薄毛が気になるため、育毛剤を使用したいと考える女性は多いようです。

 

しかし、ある理由からくる不安によって使用をためらっているケースが多いとのことです。

 

その理由というのは、出産後の肌が過敏になっているから地肌に刺激があるといけないからというのではなく、母乳に影響が出るのではないかと思っている女性が多いからなのだそうです。

 

つまり女性用育毛剤の使用によって赤ちゃんに授乳する母乳に影響が出て、赤ちゃんの健康を損ねてはいけないと考えているということなのです。

 

しかし実際には薬剤師の指導のいるような特別な育毛剤を使用する場合は例外ですが、市販のものでも通販のものでも女性用育毛剤には、妊産婦や胎児や母乳に影響を与えるような成分は使われていないとされています。

 

通販で販売されているマイナチュレベルタ育毛剤などは、無添加で刺激の強い成分は配合していません。

 

産後の授乳中の女性でも安心して使えることを明記していたり、子育て中の女性向けに特別に開発された製品もありますので、どうしても赤ちゃんへの影響が心配なのであれば、こういった育毛剤を使用すると良いでしょう。

 

また出産するまでは全くその症状はなかったのに産後に急に抜け毛が増えるのは、先程もお話したように産後脱毛症と呼ばれるものであり、同じように出産を経験した女性なら誰でもなり得るものです。

 

育児中のママ

ですので食生活や生活習慣に気を付けストレスを溜め内ようにしていれば、長くかかっても半年から1年でおさまるものです。

 

育毛剤を使用しても差支えはないのですが、あまり心配する必要はないと思います。

 

ただし、それ以上経っても抜け毛がおさまらず、また抜け毛になる原因が自分では全く思い当たらない場合は、何らかの疾患のせいで毛が抜けている可能性もあります。

 

その場合は育毛剤を使用しても効果は上がらないと思いますので、ぜひ専門医の診察を受けるようにしてください。

 

頭皮マッサージ

頭部以外の疾患の場合は、育毛剤を付けても意味がないからです。

 

そして影響があるのではないかと心配しながら育毛剤を使っていますと、その心理的なマイナスがストレスとなってしまい、薄毛の原因に結び付いてしまうケースもありますので、楽な気持ちで育毛を行うことが大切です。

 

それでも育毛剤はちょっとという人は、頭皮用の化粧水や美容液(ジョンマスターオーガニック等)を使用して、頭皮マッサージをしても良いと思います。

 

育毛剤を使うのはOKと言う女性には、ミューノアージュ花蘭咲(からんさ)長春毛精等の育毛剤もお勧めです。