発毛剤と育毛剤の違い

「発毛剤」と「育毛剤」の違いを知らない人は意外と多いと思いますので、ここではその違いを説明します!

 

効果

育毛剤の場合…

今ある毛髪をこれまでより抜けにくくして、しっかりした毛に育てるというものです。

 

  • 頭皮を保湿して乾燥を防ぎ育毛環境を整える
  • 血行促進によって髪の毛の成長を助ける
  • 頭皮の炎症を抑制して抜け毛を防ぐ
  • アレルギーを出にくくする
  • 頭皮の環境を自然の再生力で本来の育毛環境に戻すサポート

が、育毛剤です。

 

従って根本から完全に毛が抜け落ちてしまった場合には、殆ど効果がないという特徴があります。

 

発毛剤の場合…

髪の抜け落ちた頭皮に新しく発毛させるというのが大きな特徴です。

 

髪の毛の元になる毛母細胞に直接働きかけることによって発毛を促し、抜け毛を減らす効果も期待されています。

 

名前の通り早目に髪の毛を生やしたいと思っている人向けではあるのですが、市販の発毛剤の中には副作用のリスクのあるものや、添加物の多く含まれているものもありますので、十分に注意する必要があります。

 

購入方法

育毛剤の場合…

薄毛予防を主目的としていますので、有効成分にも副作用の可能性のある成分は含まれていません。

 

効果や効能の認められた有効成分が含まれていることが多いのが特徴です。

 

従って予防に重点がおかれていて緩やかに作用をするということで、医薬部外品扱いとなっており、普通のドラッグストア・薬局・通販サイト等で購入することが出来ます。

 

発毛剤の場合…

髪の毛を生やすというハッキリとした効果・効能を期待出来るものです。

 

薄毛を治療するという目的を持っており、医師の処方が必要なものも、薬剤師のいる薬局やドラッグストアで購入出来るものもあり、医薬品扱いとなっています。

 

従って自分の症状に合わない効果や効能を持つもの購入して使っても、全く効果はありませんので注意が必要です。

 

代表的な発毛剤にはCMでもお馴染みの大正製薬のリアップ(男性用はリアップ・女性用はリアップリジェンヌ)があります。

 

費用

育毛剤の場合…

お試しで購入出来るものもあります。

 

比較的安価な製品もあります。

 

発毛剤の場合…

病院で処方されるようなものについては、保険適用外となっていて割高になっています。

 

副作用

育毛剤の場合…

血行促進目的の有効成分中心ですので、絶対ないとは言い切れませんが、副作用の心配は殆どないと言っていいでしょう。

 

発毛剤の場合…

ミノキシジルに痒み・多毛・むくみ・動悸の副作用のリスクがあり、循環器系の臓器に疾患のあるひとは使用しない方がいいと思います。

 

またフィナステリドにも性欲減退の副作用の可能性があると言われています。

 

どんなタイプの人におすすめ?

育毛剤の場合…

少し分け目の地肌が目立ってきた人や、前より髪のボリュームがなくなってきた等、症状がまだ進行中の段階で、それ以上薄毛になるのは予防したいという人に向いています。

 

発毛剤の場合…

もっと抜け毛が進行していて、誰が見てもハッキリ薄毛だとわかる薄毛の目立つ人にお勧めです。