分け目・頭頂部・つむじの薄毛の主な要因

女性は一般的には女性ホルモンの影響により、男性のように髪が薄くなるということはないとされています。

 

薄毛の女性

しかし、近年ではこれらの箇所に関して、地肌が目立つような薄毛に悩む女性が増えているとのことです。

 

女性の薄毛はつむじや分け目等の地肌が目立ち始めたり、髪の毛全体のボリュームダウンによって、ある日突然に気付くことが多いというのもまた事実なのです。

 

これらの薄毛は主に加齢や出産等の女性ホルモンの分泌の乱れの影響の他に、過度の喫煙や飲酒等による生活のリズムの乱れや、睡眠不足等の生活習慣からくるものが多いとされ、偏食や暴飲暴食や極端な食事制限を伴うような過度なダイエット等による栄養不足、強いストレス等も原因になると言われています。

 

また特に頭頂部が薄くなるのは、女性型脱毛症(FAGA)の可能性が高いとされています。

 

女性のAGA

パーマやヘアカラーのし過ぎやシャンプーを1日に何回もやる等の間違ったヘアケアの影響で、頭皮環境が悪化することで薄毛が進行することもあります。

 

現代女性は仕事・家事・育児等様々な役割や責任を担っていることが多いですから、心身共に限界を超える忙しさによる体調の崩れやストレスにより、常に薄毛の原因になり得る幾つものリスクに囲まれています。

 

ですから分け目・頭頂部・つむじの地肌が目立つような薄毛に気付いた時には、食生活や生活習慣の乱れを全般的に見直し、抜け毛を減らし薄毛の予防することで健康的な髪を手に入れる必要があります。

 

具体的には寝坊をしたり夜更しをしたりするような不規則な生活を修正して早寝早起きを心がけ、毎日大体同じ時間に3食しっかりと食事をとり、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。

 

食事する女性

食生活の上では特に、髪の毛の材料になるタンパク質(肉・魚・卵等の動物性と大豆等の植物性タンパク質を)、ビタミン類(主に野菜や果物)や亜鉛(牡蠣・うなぎ・牛肉(もも肉)・チーズ・レバー(豚・鶏)・卵黄・そば等)を多く含む食品を、意識して食べるようにしましょう。

 

また薄毛の気になる女性は、ヘアカラーやパーマをかけることを出来るだけ控えるか間隔をあけるようにし、頭皮への負担を軽くしていくことが大切です。

 

また薄毛の原因になりやすいストレスは溜めないでいることは難しいのですが、スポーツで汗を流したりカラオケに行ったり、アロマの香りでリラックスする等の工夫をして、ストレスを上手く発散させていくようにしましょう。

分け目・頭頂部・つむじの薄毛は女性用育毛剤で改善できる

ここでは女性の分け目・頭頂部・つむじの薄毛を、育毛剤で改善していく方法等についてお話していきたいと思います。

慌ただしくストレスの多い世の中に於いては、頭皮の地肌が目立ってしまうような分け目・頭頂部・つむじ周辺の薄毛の悩む女性が増えています。

 

その原因は直接的には頭部の血行不良・ホルモンバランスの乱れ・加齢による老化現象等が考えられますが、これらの原因による薄毛は、育毛剤での改善も十分可能であると言われています。

 

もちろん、食生活や生活習慣等の改善も並行して行うことなしに、ただ育毛剤を使っているだけで効果があがることは有り得ませんが、この条件下に於いて、地肌の透けるような薄毛の症状が改善された女性もいるとのことなので、これは実証されている事実なのです。

 

ただし、育毛剤は頭皮に付けるものであり頭皮も肌の一部である以上、肌が敏感な人や弱い人は当然頭皮もデリケートである可能性もありますので、刺激・痒み・かぶれ等の原因にもなり得る、アルコール成分を含まないものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

その条件に合致する無添加の女性用育毛剤の代表的なものには、マイナチュレベルタミューノアージュ等があります。

 

女性の薄毛の原因は血行不良やホルモンバランスの乱れによることが多いためか、男性の薄毛よりも改善しやすいと言われています。

 

食生活や生活習慣の見直しや精神的なストレスの解消、過剰な喫煙や飲酒の抑制、ヘアカラーやパーマをする頻度の抑制も必要ですが、最終的には育毛剤を使用した上で血行促進が活発になるような頭皮マッサージを丁寧に行うことによって、高い確率での薄毛の症状の改善が可能であるということです。

 

また個人差はあると思いますが、育毛剤と頭皮マッサージのセットを1ヶ月続けたところで、よく探さない床に落ちた抜け毛がわからないレベルにまで、かなり抜け毛が減少したという人もいます。

 

2ヶ月目には髪の毛にハリやコシが出始め、3〜5ヶ月目にはトップの頭頂部の分け目の地肌が徐々に目立たなくなっていき、6ヶ月経った頃になりますと、人の視線を気にしないで出歩けるようになるまでに改善されたという人もいます。

 

アンケートをとってみて、3〜6ヶ月目使い続けていく内に、薄毛の状況から脱することが出来たという人も多数います。

 

頭皮環境や薄毛の症状にもよりますが、3ヶ月程の使用では効果が出ない人もいるかと思いますので、最低でも半年は継続して使用することが必須条件となるでしょう。

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。