女性の薄毛タイプ〜脂漏性脱毛症

薄毛の女性

脂漏性脱毛症の症状の特徴には、頭皮のベタつき・フケ・毛穴や頭皮の赤み・頭皮の痒み等があります。

 

頭皮のベタつきは汗をかきやすい夏場には誰でも感じやすく、頭皮の痒みも季節や体調によっては、異常がなくても感じることもあります。

 

それだけなら特に問題はないかもしれませんが、それに加えて抜け毛の症状があれば、脂漏性脱毛症の可能性が高いと思います。

 

脂漏性脱毛症の大きな原因の1つは、脂漏性皮膚炎だと言われています。

 

慌てる女性

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌というカビの1種である真菌が、頭皮で繁殖して皮脂を分解し、刺激物質を産生することによって炎症を起こす皮膚炎のことです。

 

皮膚炎が炎症につながるのは、何らかの原因で毛穴が詰まり、炎症によって頭皮環境が悪化するためですので、まず皮膚炎にならないよう注意する必要があります。

 

マラセチア菌自体は皮膚の常在菌であり、適正に存在している限りでは問題はありませんが、皮脂の分泌が過剰になって急激に増えることは問題となります。

 

寝ている女性

皮脂を過剰分泌させないためには、睡眠時間を6〜7時間を目安に十分にとり、1日30〜1時間程度の体操やジョギングや水泳等の運動を行うようにすることが、まず大切です。

 

スポーツが苦手ならば犬の散歩や、都市部に住んでいる人であれば電車の1駅か、1バス停分を歩いてもいいと思います。

 

またストレスを溜めず、もし溜まっても趣味の活動や休憩等、うまく発散させる方法をもっておくことも大切です。

 

ブラシ

またシャンプーは1日1回以上は洗わず、界面活性剤の入った刺激の強いシャンプーではなく、無添加植物系のアミノ酸系のシャンプーを使うと良いでしょう。

 

また事前のブラッシングで髪のもつれを解いておき、お湯洗いで髪の毛の汚れを落としておくようにしてください。

 

洗う時にも掌でよく泡立ててから髪の毛につけ、ごしごし力を入れたり爪を立てて洗わないようにし、指の腹で揉みこむように優しく洗うようにしましょう。

 

シャンプー後も濯ぎ残しのないように、10分時間をかけて行うようにしてください。

 

また食生活では、カレーやキムチ等の刺激性のものや、辛いものを食べ過ぎないようにすることも大切です。

 

もし自分が脂漏性脱毛ではないかと思ったら、痒みに有効な効く抗ヒスタミン薬や、皮膚の修復に有効なローションやビタミン剤を、まず利用してみてください。

 

症状が酷い場合は皮膚科を受診するようにしてください。

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。