出産後の抜け毛〜原因と改善法

ここでは出産後の抜け毛の、原因と改善法についてお話していきたいと思います。

赤ちゃんとママ

 

出産後の抜け毛が増える原因は、妊娠中は卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が、増加して維持されていたのに対し、出産後はそれらは不要となるため、ホルモンの本来の正常なバランスに戻ろうとして急激に減少するため、ホルモンの全体量がいつもより下回ってしまう場合もあります。

 

そうした急激な変化に身体がついていけなくなって起きる、様々な不調の内の1つが大量の抜け毛だと言われています。

 

また他に出産後の赤ちゃんの夜泣きや頻繁な授乳による睡眠不足によって、生活が不規則になることからくる身体的負担や精神的なストレス、無理なダイエットをすることによっても抜け毛は増えてしまいます。

 

忙しいママ

では次に抜け毛が増えないようにするための予防法や、抜け毛が増えてしまった場合の改善方法等についてお話していきたいと思います。

 

まず出産後の抜け毛は身体の不調からくるものではなく、誰にでも有り得る自然なことですので、あまり気にしすぎないことが大切です。

 

気にしすぎることもストレスになって、ホルモン分泌の不足や自律神経の乱れによる原因の抜け毛になってしまうからです。

 

ですので特に問題がなければ、長くても半年から1年で正常なヘアサイクルになっていく筈です。

 

但しあまりにも長引くようであれば他に原因があるか、何らかの疾患や異常が原因である可能性もありますので、何らかの心当たりのある人は念の為専門医の診察を受けるようにしてください。

 

次は生活習慣の見直しについてです。

 

食事

出産後しばらくは、赤ちゃんの夜泣きや頻繁に授乳をすることによる睡眠不足は避けられないと思います。

 

ゆっくり食事をとる時間を確保するのも難しいかもしれませんが、それでも極力規則正しいサイクルで、栄養バランスのとれたメニューにすることが大切です。

 

時間に余裕がある時にまとめて作っておくなり、サプリ・健康食品・栄養補助食品等ので補う等の工夫をするようにしましょう。

 

サプリメント

赤ちゃんのためにも十分な栄養が必要ですので、あくまでも普通の食事がメインになるように工夫してください。

 

また慣れない内は大変かと思いますが、慣れてきて授乳の時間を調整出来るようになれば、生活にリズムを作ることも出来るようになると思います。

 

そして自律神経のバランスを整えるためにも、昼と夜の生活を逆転させないことが肝心です。

 

具体的には夜眠れなくても目をつぶって横になっていれば、それだけでも身体は休まるということです。

 

妊娠前にお酒や煙草を嗜んでいた人は控え目にするか、無理でなければ禁酒禁煙に踏み切ってみましょう。

 

大豆

先程も少し触れたように生活が赤ちゃん中心で、自分の食事をゆっくり食べる暇がなくても、大豆製品を意識的に摂るようにすると良いでしょう。

 

大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲンと似た作用があり、ホルモンのバランスを整えることが出来ます。

 

それも摂る暇がないという人は、イソフラボンを摂取出来るサプリを活用してみてください。

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。