女性の更年期に起きる抜け毛・薄毛は女性ホルモンのバランスを整えることで改善できる!

更年期の女性

女性の更年期に起きる抜け毛や薄毛を、女性ホルモンのバランスを整えることで改善できるということと、その方法についてお話していきたいと思います。

 

女性の髪に大きな影響を与えている女性ホルモンのエストロゲンは、30歳前後をピークに減少していきます。

 

それと並行して、35歳位から卵巣の機能が低下し始めると言われています。

 

女性ホルモンの分泌は更年期の時期には10〜15歳前後となり、その後もその分泌量は徐々に減少していくのです。

 

女性ホルモン

そのメカニズムによって女性は皆50歳前後には閉経していき、ゆっくりと老化が進んでいくことになります。

 

その過程で現れる症状の1つが抜け毛や薄毛であり、早い人は30代後半から髪質に変化が現れて、髪のハリ・ツヤ・コシ等も失い、分け目が目立ってきたりボリュームがなくなってきたり、白髪が増えてくるという現象に結び付いていくのです。

 

しかし女性ホルモンの減少の原因は決して加齢だけではありませんし、加齢による女性ホルモンの減少が必ずしも抜け毛や薄毛の原因になるとは限らないのです。

 

女性ホルモンというのは非常に繊細なものですので、少しのことでも分泌量の減少する原因となってしまうからです。

 

抜毛に悩む女性

ですから、まだ卵巣の機能の低下していない20代の女性でも、若年性更年期障害となって、抜け毛や薄毛が増えることもあるのです。

 

また成熟した身体の女性には生理周期がありますから、その範囲では年齢に関わりなく、毎日のように女性ホルモンの分泌量は変わっていきます。

 

ですので無理な食事制限を伴うダイエットによる体重の激減や、強い精神的ストレス・激しい運動・過剰な喫煙・乱れた食生活・睡眠や運動の不足等がありますと、それらの行為が原因の頭皮の血行不良によって女性ホルモンが減少し、抜け毛が増えてしまう場合もあるのです。

 

睡眠中

但し女性ホルモンそのものを増やせなくとも分泌される量を増やしたり、エストロゲンに似た作用をする食材を摂って、育毛のサポートをすることは可能ですし、自律神経を調整するよう精神を安定させることが出来れば、ホルモンバランスを整えることも出来ます。

 

そして更年期以降に女性ホルモンの分泌が止まるわけではありませんので、ホルモンバランスを整えるために、食欲・水分摂取・性欲・体温や血圧・自律神経・睡眠・覚醒等の働きを管理している、脳の視床下部の働きを守るためにも、早寝早起きで栄養バランスの摂れた食事を摂り、適度な運動と十分且つ良質な睡眠を心がける等、規則正しく健康的な生活習慣を身に付けることが大切です。

 

具体的には栄養バランスのとれた食事と大豆製品の摂取、入浴時にゆっくり湯船につかり身体の芯から温まること、ストレスを溜めず上手く発散する方法を持ち、良質な睡眠を十分にとり、育毛剤の活用と頭皮マッサージ等を心がけると良いでしょう。

関連ページ

女性の薄毛も遺伝が原因のことがある
薄毛というと男性の場合は遺伝なんて言われていますが、それが女性の場合でも遺伝の場合もある!なんてうわさがあります。ここでは女性の薄毛と遺伝の因果関係があるのかどうかをお話します。
心理的ストレスと薄毛
薄毛・抜け毛というのは加齢やホルモンバランスだけではありません。 実は心理的なストレスというのも非常に関わりがあります。 ここではなぜ心理的ストレスが薄毛になるのか、そしてその対策法にはどんなことをすればよいのかをまとめました。
30代女性の薄毛・抜け毛が進行してしまう原因と対策
30代女性の薄毛・抜け毛が進行してしまう原因と対策。30代というのは頭皮の曲がり角と言われています。女性ホルモンもだんだんに減少していくため、髪の成長に必要な栄養が少なくなります。
女性型脱毛症(FAGA)
AGAというのは聞いたことがあると思いますが、実は女性にもAGAがあります。 女性型脱毛症と言われ、最近FAGAに悩む女性が多いようです。ここではFAGAの兆候チェックと、FAGAの場合の対策法をご紹介しています。
びまん性脱毛症
びまん性脱毛症というのは女性に一番多い薄毛のタイプです。 頭髪全体が薄くなっていくのが特徴で、髪のボリュームが少なくなります。 進行が遅いので気づきにくく、気づいた時にはかなりの進行状態…ということが多いです。
産後抜け毛
産後抜け毛・ハゲというのは出産を経験する女性であればほとんど通る道です。 女性ホルモンに関係があり、自然現象のためあまり気にすることはないとされていますが、出産が続いたり、育児ストレスに悩まされている女性はそのまま加齢による薄毛に続くこともあります。
粃糠性脱毛症(ひこう性)
ここでは女性の薄毛のタイプの1つである、粃糠(ひこう)性脱毛症についてお話ししていきたいと思います。粃糠性脱毛症の粃糠とはフケを意味する言葉であり、脱毛症状がない場合は「ふけ症」或いは「頭部粃糠診」と呼ばれる頭皮の病気に分類されます。
脂漏性脱毛症
ここでは女性の薄毛タイプの1つである脂漏性脱毛症について、お話していきたいと思います。脂漏性脱毛症の症状の特徴には、頭皮のベタつき・フケ・毛穴や頭皮の赤み・頭皮の痒み等があります。頭皮のベタつきは汗をかきやすい夏場には誰でも感じやすく、頭皮の痒みも季節や体調によっては、異常がなくても感じることもあります。
けん引性脱毛症
ここでは女性の薄毛タイプの1つである、けん引性脱毛症についてお話ししていきたいと思います。けん引性脱毛症とは額が広くなったり、髪の生え際の脱毛が酷くなったりする脱毛症のことです。時には分け目の紙が抜けていくこともあります。
年齢と髪の関係〜髪は女性の命。 いつまでも美しい髪でいるために
いつまでも美しい髪でいたい、と女性であれば願いますよね。 髪は女性の命とも言われます。 しかし、加齢により肌と同じように髪も衰えていきます。 髪は第一印象を決めるので、薄毛やバサバサの髪というのは実年齢よりも上に見られることもあります。
もしかして女性型AGA?セルフチェック
もしかして女性型AGA?AGAチェック!ここでは女性型AGAかどうかをセルフチェックできる項目リストを上げています。 あなたは何個あてはまる?もし当てはまったら、女性用育毛専門クリニックにいく事も考えてみてください。
女性の薄毛治療を専門クリニックで受けるメリット
女性の薄毛・抜け毛は女性用育毛剤で解消できることもありますが、手遅れの場合も。 そんな時は、女性用薄毛専門クリニックがおすすめです。専門クリニックで治療を受けるメリットとおすすめの専門クリニックをご紹介します。
出産後の抜け毛〜原因と改善法
産後抜け毛、産後脱毛症というのは出産を経験した女性ならほぼ確実に通るものです。 自然現象なのであまり思い悩む必要はないと祝ていますが、ストレスや体の不調により産後抜け毛が止まらず、そのまま加齢による抜け毛・薄毛に突入してしまう場合もありますので、改善は早めにしておいた方がいいですよ。
女性の薄毛・抜け毛の原因は便秘と関係がある
便秘が続くと抜け毛が酷くなったり、髪の毛がバサバサになったりすると言われているのは、髪の毛と便秘とには深い関わりがあるからです。腸内環境は身体全体に及びます。もちろん髪にもです。
女性の薄毛・抜け毛のタイプ
女性の薄毛で多いタイプはびまん性脱毛症と言われています。 他、産後抜け毛や牽引性脱毛症など、女性の薄毛・抜け毛タイプについてまとめてみました。あなたの薄毛タイプはどれ?
朝シャンはハゲる?
朝シャンしてますか? その理由は「頭をスッキリさせたい」、「夜、お風呂に入らない」などあると思いますが、その朝シャンがはげになる原因になっていることご存知でしょうか?
無理なダイエットは薄毛・抜け毛を引き起こす
ここでは無理なダイエットが何故、薄毛・抜け毛を引き起こすのかについてお話していきたいと思います。ここでいう無理なダイエットは特定のものしか食べない、或いは極端に食べる量を減らすようなダイエットのことです。ダイエットをしてスリムになり、健康な身体を維持したいと望む女性は少なくありませんが、スタイルのいい女優やモデルのようになりたいと思い無理なダイエットをして、体調を崩すケースもあると聞きます
男性と女性の薄毛・抜け毛のメカニズムの違い
男女ともに起きる、髪の薄毛・抜け毛ですが、実はメカニズムが違います。 ここではそのメカニズムの違いを説明します。
年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。