女性の更年期に起きる抜け毛・薄毛は女性ホルモンのバランスを整えることで改善できる!

更年期の女性

女性の更年期に起きる抜け毛や薄毛を、女性ホルモンのバランスを整えることで改善できるということと、その方法についてお話していきたいと思います。

 

女性の髪に大きな影響を与えている女性ホルモンのエストロゲンは、30歳前後をピークに減少していきます。

 

それと並行して、35歳位から卵巣の機能が低下し始めると言われています。

 

女性ホルモンの分泌は更年期の時期には10〜15歳前後となり、その後もその分泌量は徐々に減少していくのです。

 

女性ホルモン

そのメカニズムによって女性は皆50歳前後には閉経していき、ゆっくりと老化が進んでいくことになります。

 

その過程で現れる症状の1つが抜け毛や薄毛であり、早い人は30代後半から髪質に変化が現れて、髪のハリ・ツヤ・コシ等も失い、分け目が目立ってきたりボリュームがなくなってきたり、白髪が増えてくるという現象に結び付いていくのです。

 

しかし女性ホルモンの減少の原因は決して加齢だけではありませんし、加齢による女性ホルモンの減少が必ずしも抜け毛や薄毛の原因になるとは限らないのです。

 

女性ホルモンというのは非常に繊細なものですので、少しのことでも分泌量の減少する原因となってしまうからです。

 

抜毛に悩む女性

ですから、まだ卵巣の機能の低下していない20代の女性でも、若年性更年期障害となって、抜け毛や薄毛が増えることもあるのです。

 

また成熟した身体の女性には生理周期がありますから、その範囲では年齢に関わりなく、毎日のように女性ホルモンの分泌量は変わっていきます。

 

ですので無理な食事制限を伴うダイエットによる体重の激減や、強い精神的ストレス・激しい運動・過剰な喫煙・乱れた食生活・睡眠や運動の不足等がありますと、それらの行為が原因の頭皮の血行不良によって女性ホルモンが減少し、抜け毛が増えてしまう場合もあるのです。

 

睡眠中

但し女性ホルモンそのものを増やせなくとも分泌される量を増やしたり、エストロゲンに似た作用をする食材を摂って、育毛のサポートをすることは可能ですし、自律神経を調整するよう精神を安定させることが出来れば、ホルモンバランスを整えることも出来ます。

 

そして更年期以降に女性ホルモンの分泌が止まるわけではありませんので、ホルモンバランスを整えるために、食欲・水分摂取・性欲・体温や血圧・自律神経・睡眠・覚醒等の働きを管理している、脳の視床下部の働きを守るためにも、早寝早起きで栄養バランスの摂れた食事を摂り、適度な運動と十分且つ良質な睡眠を心がける等、規則正しく健康的な生活習慣を身に付けることが大切です。

 

具体的には栄養バランスのとれた食事と大豆製品の摂取、入浴時にゆっくり湯船につかり身体の芯から温まること、ストレスを溜めず上手く発散する方法を持ち、良質な睡眠を十分にとり、育毛剤の活用と頭皮マッサージ等を心がけると良いでしょう。

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。