高齢出産後の産後脱毛症を1日も早く乗り切るためにはどうする?

産後

ここでは高齢出産をした後の産後脱毛症を、1日も早く乗り切るためにはどうしたら良いかについてお話していきたいと思います。

 

産後脱毛症は年代を問わず出産を経験した女性の半数が経験すると言われています。

 

20代よりも30代後半〜40代の高齢出産の方が長引く傾向が有り、産後から1年から2年立っても抜け毛が酷いままだという人もいるそうです。

 

これには年齢に伴って出てくる別の原因も重なっていますので、順を追っていきたいと思います。

 

薄毛の女性

産後脱毛症は妊娠と出産に伴うホルモンのバランスの乱れによって起きるものです。

 

高齢出産になりますと加齢に伴う女性ホルモンの分泌量の低下や、毛根内の細胞の機能低下という老化現象の影響も受けやすくなります。

 

加齢によって女性ホルモンの量が減り、毛母細胞の活動の弱まりによってヘアサイクルが乱れてしまいます。

 

成長期の短期化により髪の毛が成長しきらない内に抜け落ちて休止期が長くなってしまうだけでなく、新しい髪の毛も生えにくくなるという悪循環に陥りやすくなります。

 

徐々に頭部の毛の量が減っていき、頭皮が透けて見るようになってしまう可能性もあります。

 

これらの症状は、びまん性脱毛症か休止期脱毛症になってしまったことを示していると考えて間違いないと思います。

 

この段階までくると、かなり症状が進行してしまっていると見ていいでしょう。

 

白髪頭

またある程度の年齢になりますと、産後の体力の回復にも時間がかかるようになるため、健康のバロメーターでもある髪の毛も悪影響を受け、抜け毛だけでなく、薄毛・白髪・髪質の悪化等の頭髪トラブルも招きやすくなります。

 

そして高齢出産では周りの人たちに気を遣い過ぎて頑張り過ぎる傾向がありますので、育児をしている間は休息も育児の内だと考えて、出来るだけ睡眠や休息をとるように工夫することが大切です。

 

そのためには旦那さんや御両親等の周りの人たちとの、信頼関係を普段から築いておき、いざという時に強力を得やすくしておくことも忘れないようにしましょう。

 

若い内の生活習慣の乱れ等による抜け毛や薄毛は、生活習慣や食生活を修正することで改善出来ますが、高齢出産後の脱毛症には様々な原因による症状の悪化が重なってしまう可能性もあり、シンプルな方法で改善することは難しくなります。

 

もちろん栄養バランスのとれた食生活にすることも大切なのですが、それをサポートするためのヘアケア用サプリや、抜け毛薄毛防止及び育毛・発毛促進に効果のある育毛剤も活用し、それでも解決出来ない場合は、女性向けの頭髪クリニックを受診されることをお勧めします。

 

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。