女性の薄毛タイプ〜けん引性脱毛症

けん引性脱毛症とは額が広くなったり、髪の生え際の脱毛が酷くなったりする脱毛症のことです。

 

けん引性脱毛症

時には分け目の髪が抜けていくこともあります。

 

この脱毛症はポニーテール・三つ編み・お団子ヘア等のように、髪を引っ張って結ぶような髪型にした時に頭皮が引っ張られた状態となり、その状態が長く続くことによって、頭皮に負担がかかり、硬くなったり血流が悪くなったりすることで、抜け毛が増えていくという特徴があります。

 

エクステが原因となることもあります。

 

頭皮マッサージ

頭皮が硬くなって血流が悪くなることで、髪の毛に栄養がいかなくなり毛根にダメージが与えられることで、脱毛の症状は進行していくのです。

 

このけん引性脱毛症を予防するためには、頭皮に負担を与えるような髪型を長時間続けないようにし、いつも同じ分け目にしないことがまず大切です。

 

一旦髪の毛を縛ってから少しだけ緩めることも予防になります。

 

頭皮はストレスや睡眠不足によっても硬くなってしまいますので、髪型に気を付けると同時に、毎日少しづつでも頭皮マッサージをすることをお勧めします。

 

育毛剤で頭皮マッサージ

特に入浴中や入浴後の身体が温まって血行が良くなっている時や、育毛剤をつけた時などに行いますと効果は更にアップすると思います。

 

マッサージは、こめかみを親指以外の4本の指で強く押し上げる感じで行ってみてください。

 

10秒位づつ押しながら、少しづつ指をずらしながら押していくと良いでしょう。

 

この時押す力が強すぎますと、逆効果になってしまいますので十分注意してください。

 

首や肩がこっている人は自分では難しいと思いますから、人にやってもらうと良いでしょう。

 

海藻

ちなみに風池(ふうち)という後頭部の髪の生え際にあるツボを、ご説明した通りにツボ押しするのが効果的かと思います。疲れない程度に無理のないように行ってください。

 

また食生活では動物性及び大豆のタンパク質や、野菜や果物等に含まれているビタミン類、ワカメやヒジキ等の海藻類等に含まれるミネラルを中心に、一定の食材に偏ることなく、栄養バランスのとれた食事をとるようにしてください。

 

特にミネラルに含まれているヨード(ヨウ素)は、血行促進に大変効果があると言われていますので、意識して食べるようにすると良いでしょう。

 

和食中心の食生活であれば理想的です。

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。