女性の薄毛・抜け毛のタイプ

女性の脱毛症には、次のようなタイプがあります。

 

分娩後脱毛症

妊娠中のママ

分娩後脱毛症は、出産後、女性ホルモンバランスの乱れが原因で起こる薄毛のタイプです。

 

妊娠中に急に増えた女性ホルモンが出産を機に激減することで起こります。

 

女性ホルモンのエストロゲンには、髪のターンオーバーを促し、育毛を促進する役目があります。

 

妊娠中は胎児の成長に女性ホルモンが必要なので活発に分泌されますが、出産後はその必要がなくなると分泌が一気に少なくなり、髪の成長に必要なエストロゲンが激減します。

 

その結果、出産後に脱毛が進むことがあります。

 

症状は一時的なものなので1年程度で自然に回復していくことがほとんどです。

 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、加齢、ストレス、ダイエットなどさまざまな原因で起こる薄毛のタイプです。

 

特に中高年の女性に多いのが加齢による女性ホルモンの減少による薄毛です。

 

このようなタイプの方は、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。

 

男性の男性型脱毛症(AGA)に対して、女性男性型脱毛症(FAGA)は、特定部分ではなく髪全体が薄くなるのが特徴です。

 

女性の場合は、それ以外にも多様な要因の影響を受けやすく、ストレス、過度なダイエット、間違ったヘアケア、パーマ、カラーなど影響なども原因となります。

 

びまん性脱毛症は、急激に薄毛が進むことはなく、完全に脱毛してしまうことはありません。

 

加齢とともに徐々にボリュームがなくなり、髪のコシやハリがなくなっていきます。

 

そのため気がつくと髪が老化して薄毛になっていることが多いです。

 

牽引性脱毛症(けんいんせいだつもうしょう)

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、髪を一定方向に強く引っ張る力が常に加わった状態でいることが起こす薄毛です。

 

例えば、ポニーテールなどがその一例ですが、同じ髪型を長くしていると脱毛が進むことがあります。

 

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰な分泌で起こる脱毛症です。

 

皮脂分泌が増えると、皮脂で毛穴詰まりが起こり、その結果、抜け毛に繋がります。

 

詰まった毛穴から新しい髪の毛が生えにくくなることも育毛が進まない原因となります。

 

脂漏性脱毛症は、食生活の乱れや間違えたヘアケアなどで皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

 

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

フケ

粃糠性脱毛症は、頭皮のフケが原因で起こる薄毛のタイプです。

 

頭皮にフケが増えると、頭皮の衛生環境が不衛生になり、頭皮の雑菌が繁殖して炎症を起こします。

 

その結果、頭皮のトラブルが起こり、抜け毛に繋がります。

 

円形脱毛症

円形脱毛症

円形脱毛症は、免疫不全やストレスなどが原因で頭皮に円形の脱毛部位ができるタイプの薄毛です。

 

突然髪が抜け落ち、10円玉ぐらいの脱毛斑ができます。

 

ほとんどは一過性の単発型といわれるもので自然に治癒していきますが、悪化すると多発型になり再発する場合もあります。

 

できる部位も頭皮に複数できることもあります。

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。