女性の薄毛タイプ〜女性型脱毛症(FAGA)について

ここでは女性型脱毛症(FAGA)について、お話していきたいと思います。

 

FAGAは女性男性型脱毛症とも呼ばれており、「Female Androgenetic Alopesia」の略となっていて、男性型脱毛症の別名のAGAから派生してと考えられる名称です。

 

男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが髪の根元でDHT(ジヒドテストステロン)という物質に変化し、育毛を阻害することが原因でオデコ周辺の髪の毛の生え際から薄毛が進行し、M型やO型或いはその混合型のハゲになります。

 

そして女性も勿論男性ほどではないですが、体内に男性ホルモンを持っていますので、育毛の働きを担う女性ホルモン・エストロゲンの量が減ってしまった時に、相対的に男性ホルモンが過多となり、抜け毛や薄毛の症状が表れてくるのを、女性男性型脱毛症と呼んでいるのです。

 

AGAの方は放置しておきますと、最悪の場合は髪がまるきり抜けてしまうこともあり、特にDHTの多い頭頂部や生え際や局地的に薄くなりますが、FAGAでは加齢や外的要因で女性ホルモンの量が減ったとしても、分泌されなくなるということはなく、男性のようにハゲてしまうわけではありません。

 

その代わり髪が細く弱くなって、全体的に髪の毛が薄くなるのが特徴なのです。女性の毛髪の寿命は4?6年と言われており、ヘアサイクルが正常であれば問題はありませんが、細胞の老化等の原因によって休止期が通常より長くなってしまいますと、成長期の毛包が十分に成長出来ずに小さくなってしまい、毛髪が細く短くなっていって、薄毛の症状が出てくるのです。

 

人間の髪の毛は、普通の健康な髪の毛でも毎日約70?100本位は抜けますので、その程度の抜け方であれば余り心配をする必要はないと思いますが、どう考えても多すぎると感じた場合は、専門医の診察を受けることをお勧めします。

 

またFAGAの兆候があるかどうかを判断する項目として、父母のいずれかが薄毛である、冷え性の傾向がある、生理痛・肩こり・腰痛・関節痛のいずれかに悩まされている、のぼせやすく汗をかきやすい、髪の毛の分け目が薄く地肌が非常に気になる、年配の人で若い頃より髪が細くなっている気がしている人、キツめのダイエットをしている、経口避妊薬(ピル)を服用している、偏食傾向がある、運動等が苦手で生活が不規則になりがち、という項目の中で5つ以上当てはまり、尚且つ抜け毛のひどい人は医師の診察を受けた方が良いでしょう。

 

FAGAのタイプは3つあり、正面から見て頭頂部が全体的に薄くなったのがT型、Tの領域が拡大したものがU型、Uの領域が更に拡大したものがV型となっており、V型になりますと、FAGAの症状としてはかなり深刻であると言えます。少しでも疑わしい兆候が見えた場合には、そのまま放置しておかずに、速やかに対策をとられることをお勧めしたいと思います。

 

女性の薄毛・抜け毛専門のクリニック「東京ビューティクリニック」では無料カウンセリングで相談に乗ってくれます。 一人で悩まず、相談してみてはどうですか?

 

東京ビューティクリニック無料カウンセリング予約

 

関連ページ

女性の薄毛も遺伝が原因のことがある
女性の薄毛も遺伝が原因のことがある。美しく艶がありフサフサした髪は女性の美しさを決めます。 あなたの髪は大丈夫?まだ間に合う!人気・効果抜群のおすすめ女性用育毛剤で育毛ケア始めませんか?無添加・低刺激の女性向け育毛剤を比較してみました。 お肌をケアするように髪もケアして見た目年齢を若々しくしましょ!
心理的ストレスと薄毛
心理的ストレスが薄毛の進行を早めてしまう!美しく艶がありフサフサした髪は女性の美しさを決めます。 あなたの髪は大丈夫?まだ間に合う!人気・効果抜群のおすすめ女性用育毛剤で育毛ケア始めませんか?無添加・低刺激の女性向け育毛剤を比較してみました。 お肌をケアするように髪もケアして見た目年齢を若々しくしましょ!
30代女性の薄毛・抜け毛が進行してしまう原因と対策
30代女性の薄毛・抜け毛が進行してしまう原因と対策。美しく艶がありフサフサした髪は女性の美しさを決めます。 あなたの髪は大丈夫?まだ間に合う!人気・効果抜群のおすすめ女性用育毛剤で育毛ケア始めませんか?無添加・低刺激の女性向け育毛剤を比較してみました。 お肌をケアするように髪もケアして見た目年齢を若々しくしましょ!
女性の薄毛タイプ〜びまん性脱毛症について
女性の薄毛・抜け毛のタイプ、原因、対策などについての記事一覧です。女性の薄毛タイプ〜びまん性脱毛症について。
年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。