女性の薄毛タイプ〜びまん性脱毛症について

ここでは女性の薄毛タイプの1つである「びまん」性脱毛症について、お話していきたいと思います。

 

びまん性脱毛症

びまん性の「びまん」とは、辺り一面に広がっていくという意味の言葉であり、びまん性脱毛症とは頭部全体の髪が薄くスカスカの状態となり、髪のボリュームがなくなってしまう脱毛症のことです。

 

脱毛症に悩む女性の半数以上が、びまん性脱毛症に悩んでいると言われており、特に中年以降の女性に多いとされていて、加齢に伴い育毛には欠かせない女性ホルモンであるエストロゲンの分泌の減少が原因の1つと考えられています。

 

抜け毛の女性

しかし近年では年配の女性だけでなく、食生活や生活習慣の乱れがちな若年層の女性でも、びまん性脱毛症になる人は増えてきています。

 

またこの脱毛症の進行の特徴としては、頭部の広範囲に渡って抜け毛が緩やかに進んでいくということもあり、初期の段階では中々発見しにくいという特徴もあります。

 

そこが生え際や頭頂部が局地的に急激に薄くなり始める、男性のAGAとの大きな違いと言えます。

 

枕に抜け毛

びまん性脱毛症による薄毛の症状が進行していきますと、抜け毛の量が非常に多くなってきて、ブラシや手櫛等で髪の毛を軽く引っ張るだけでも、髪の毛が簡単に抜けるようになってしまいます。

 

その前兆としては以前よりも地肌が目立つようになったり、髪のボリュームがなくなってペタンコになったり、髪の毛が細くなってくる等の兆候があると考えられます。

 

不眠の女性

心当たりがある場合は、びまん性脱毛症を疑った方が良いかもしれません。

 

もし気になり始めたら、自分の頭皮や髪の毛の状態を注意深くチェックする必要があります。

 

  • びまん性脱毛症の女性が幅広い年齢層に増えてきている原因としては…
  • 女性の社会進出の伴う心身のストレスの増大
  • 過度のカラーリングやパーマの繰り返し
  • 寝不足・運動不足・偏食・暴飲暴食
  • 極端な食事制限を伴う無理なダイエット

等の生活習慣の乱れの他…

  • 朝方の洗髪や間違った洗髪方法

による頭皮の乾燥やフケの増加等が考えられます。

 

女性ホルモンの減少や整理の乱れ等は避けられない面もありますが、それ以外の外的要因の中で改善の余地の食生活や生活習慣の乱れを是正し、無理なダイエットや頻繁なカラーリングやパーマを控え、正しい洗髪方法で頭皮や髪に優しいシャンプーで洗髪し、それでも改善出来ない部分については、女性用育毛剤やサプリを活用されると良いでしょう。

関連ページ

年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。