50代女性の薄毛・抜け毛の原因と特徴

50代女性

50代の女性ですと

  • 髪全体のボリュームがなくなる
  • 髪の毛自体も細く弱くなる
  • 頭皮や地肌が見えるようになる
  • 女性特有の脱毛症である、びまん性脱毛症になる人が多くなる

ということがまず言えます。

 

びまん性脱毛症の特徴は少しづつ髪の毛が細く弱くなっていって、髪全体がボリュームダウンして髪のハリやコシもなくなり、更に進行して地肌が透けて見えるようになりというプロセスを辿るところにあります。

 

びまん性脱毛症はとても緩やかに進行し、また男性のAGAのように生え際や頭頂部から薄くなっていくような、特定のところだけ薄くなる見た目のわかりやすさもありませんので、気付いた時には分け目が目立ち、髪の毛の量が減って見た目にペタッとしてしまっているということも少なくありません。

 

青ざめるキラ髪Clubあいりちゃん

しかし近年ではFAGA(女性男性型脱毛症)といって、男性のAGAの症状に近い感じで頭頂部や生え際等の、一部の箇所の毛が抜けてしまう50代の女性も増えてきています。

 

びまん性脱毛症の1番多い原因は、更年期の育毛の働きもある女性ホルモン・エストロゲンの分泌の減少であり、閉経で更にホルモンの分泌が減ることによって発症するケースですが、人によってはFAGAになってしまう場合もあるのです。

 

女性でも男性のようなFAGAになるのは、基本的には女性の体内にも少量の男性ホルモンが分泌されているからですが、50代前後の更年期に女性ホルモン・エストロゲンの分泌が減少した時に、相対的に男性ホルモンの量が増えてしまうことで、男性タイプのFAGAになってしまう場合もあるということなのです。

 

白髪頭

また50代ともなりますと白髪も増えてきますから、白髪染め(ヘアカラー)をする女性も多くなることや、肌や頭皮の保湿力が30代・40代と比較しても低下してしまうことで乾燥しやすくなり、この2つの要因が重なりますと、頭皮が乾燥しやすくなるだけでなく炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

これは毛穴から雑菌が入り込みやすくなりことが原因と考えられるのですが、どうしても白髪染めを使いたい場合は、天然植物系由来の成分中心の無添加のトリートメントタイプかヘアマニキュアタイプのものを使い、ヘアケア製品にも、保湿効果の高い成分を多く含むものを使う等の工夫が必要です。

50代以上の女性の薄毛・抜け毛対策

ここでは50代以上の女性の薄毛・抜け毛対策について、お話していきたいと思います。

 

中年の女性

50代以上の女性の薄毛や抜け毛は男性の場合とは全く異なり、更年期や加齢による薄毛や抜け毛を意識した対策が必要となります。

 

50代になりますと女性ホルモンの分泌の減少の影響で、髪の毛が細く薄くなって抜けやすくなり、ボリュームもなくなってくるからです。

 

そしてトップのボリュームを出すのが難しくなり、頭頂部がペタンコになってしまう場合もあります。

 

また50代では白髪も増えてきますから、特に髪の生え際の白髪の影響で薄毛がより目立ってしまい、白髪染めの使用を意識し始める意識し始める時期でもありますから、特に50代後半では、薄毛になる人とならない人とで差が大きく出てくると言われています。

 

更年期の女性

先程もお話したように、50代以降の薄毛や抜け毛は更年期の女性ホルモン分泌の減少によるところが大きく、更年期諸症状と共に薄毛・抜け毛も目立つようになり、いわゆる女性型脱毛症(FAGA)や、びまん性脱毛症になる人も出てきます。

 

とは言うものの、髪の毛を作る機能のある毛乳頭は働いていますので、髪の毛が全く生えてこなくなるわけではありません。

 

毛乳頭に栄養が行き渡るような対策を行えば、薄毛や抜け毛の症状の改善は十分可能なのです。

 

またホルモンバランスの崩れを最小限に抑えるような対策をとることによって、髪の弱っていくスピードを遅くすることも可能です。

 

では次に薄毛や抜け毛対策に有効な、具体的な対策を幾つかあげていきたいと思います。

 

運動

ストレッチする女性

まず1つ目は運動です。

 

身体の筋力は加齢によって衰えていくと言われていますが、運動をすることによって、ある程度は維持することが出来るそうです。

 

特にふくら脛(はぎ)の筋肉は歩くことによって、ポンプのように下半身の血液を上半身に押し上げ、血液の循環を促進するため、頭皮の血行も良くなるのです。

 

ですので普段スポーツをしていないという人でも、毎日ウォーキングや軽い体操等の運動を無理のない程度に、1日約30分〜1時間程度行うと良いでしょう。

 

また正しい方法でのシャンプーや頭皮マッサージも有効です。

 

ストレス対策

ストレスの女性

次はストレス対策についてです。

 

ストレスは女性ホルモンの分泌を減らし、薄毛の原因になりやすいと言われています。

 

そこで先程お話した運動の他、近所への外出や趣味の活動(読書・音楽や映画の鑑賞・物作り等)、或いは適度に休憩時間をとることによって、ストレスを発散する方法を持っていることが大切になります。

 

食事

大豆

最後は食事についてです。

 

基本的にはどの栄養素にも偏らないように、バランスよく摂取すれば良いのですが、特に女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンを含む、豆腐・納豆・みそ等の食品を、和食中心のメニューを組んで食べるようにするのがお勧めです。

 

但し過剰な摂取は疾患を招く可能性がありますので、十分に注意してください。野菜・海藻類・動物性タンパク質を含む食品も、忘れずに食べるようにしましょう。