30代女性の薄毛・抜け毛の原因と特徴

30代女性の薄毛・抜け毛の原因と特徴についてお話しますね。

キラ髪Clubあいりちゃんの説明

 

30代と言いますとまだまだ若いと思いがちですが、中には30代の女性でも…

  • 分け目の髪が少なくなってきた・薄くなってきた
  • 髪の毛のボリュームが減ってきた

等の症状で、薄毛や抜け毛の症状に悩む人もいるのです。

 

現代の30代女性は出産や子育てに加えて仕事の上でもキャリアアップを図ったり、現場のリーダー格として仕事を任せられたりする場合もあります。

 

30代になってから結婚をする人も多いですから、様々なライフイベントが多い時期ということになりますが、これらのライフイベントが薄毛の抜け毛の原因となるのです。

 

その直接の原因としてはホルモンバランスの乱れや、偏食や極端な食事制限を伴うダイエットによる髪の栄養不足や頭皮環境の乱れ、ポニーテールや三つ編み等の髪を引っ張るヘアスタイルを長期間続けることにより頭皮に負担をかけることや、頻繁にカラーリングやパーマを繰り返すこと、遺伝によるもの等が考えられます。

 

一方女性ホルモン・エストロゲンの分泌は早ければ30代後半頃から減り始めます。

 

ストレスの女性

30代というとまだまだ若いので油断しがちですし、実際には外的要因によって薄毛や抜け毛になる場合が多いのは事実です。

 

薄毛・抜け毛になる原因を改めてまとめてみますと、出産加齢・睡眠不足・運動不足偏食・ダイエット・過剰な喫煙や飲酒・ストレス等があげられるかと思います。

 

最初の方でお話したように30代が初婚という人も多いですから、妊娠中の女性ホルモンの増加と出産後の急激な減少によって毛が抜ける、産後脱毛症を経験する女性も多いと思います。

 

ただしこれは一連のプロセスを経験した女性なら、ほぼ誰でも大なり小なり経験することであり、健康的な生活を送っていれば半年から1年で治まっていきますので、さほど気にする必要はありません。

 

冷え症

また現代の30代女性ですと、仕事の上で既に役職に付いているケースも珍しくはないと思われ、より強い精神的なストレスによって自律神経に乱れが生じ、ホルモンのバランスも乱れて薄毛や抜け毛の症状が酷くなる場合もあります。

 

この年代の女性は特にダイエットをしていなくても、特に既婚者ですと家事や仕事で忙しく毎日の食事に気を使う余裕がなくなって、健康な髪の維持には欠かせないタンパク質・ミネラル・亜鉛・ビタミン類等の栄養が足りなくなり、頭皮の血行不良も伴って、薄毛や抜け毛の症状が酷くなる場合もあります。

 

また冷えが酷い場合も血行不良が原因である場合もありますし、高カロリーで脂っこい洋食ばかりを食べていたり、髪や頭皮に合わないシャンプーやリンスを使用していたり、間違った洗髪方法をとっていたり濯ぎが不足していることが長く続いたりしますと、それも薄毛や抜け毛の原因になります。

 

30代女性の薄毛・抜け毛対策

ここでは30代女性の薄毛・抜け毛対策について、お話していきたいと思います。

 

頭を抱える女性

女性の薄毛が男性のM字ハゲのようになることはありませんが、前頭部から頭頂部にかけての頭髪にハリやコシがなくなり、ボリュームが減ってしまうことによって地肌が目立つようになって、薄毛や抜け毛になってしまうパターンが多いのだそうです。

 

30代女性でオシャレのためにカラーリングやパーマをしている人は多いですが、これも頻繁に行いますと、毛根や頭皮を傷付けキューティクルを壊してしまうため、抜け毛の原因になりやすいのだそうです。

 

頭皮や髪のためには止めるのがベストなのですが、どうしても続けたい場合でも、出来るだけ間を置いて行い、頭皮や髪を休ませる期間を置きながら行うようにしてください。

 

ポッコリお腹の女性

好きな異性や仲の良い同性の目を意識して無理なダイエットをすることも、薄毛や抜け毛の原因となります。

 

勿論適度な運動と栄養バランスのとれた食事による、カロリー管理を徹底したダイエットであれば問題はありません。

 

しかし、目先の体重の減少にだけ気をとられ、特定の食品しか食べない或いは極端に食事の量を減らすようなダイエットをすることにより、身体に栄養が行き渡らなくなってホルモンバランスに乱れが生じ、髪にも栄養がいかなくなって抜け毛の原因になってしまうのです。

 

ですので、ダイエットをするにしても、決して身体に負担のかかるようなダイエットはしないようにしましょう。

 

泣く赤ちゃんとママ

次に分娩後脱毛症について少し触れておきます。

 

これは妊娠中に急増した女性ホルモンのエストロゲンの分泌が出産後に激減し、半年〜1年位抜け毛の多い状態が続くことを指します。

 

しかしこれは半年〜1年位かけて自然に徐々に収まっていくものなので、あまり心配する必要はありません。

 

普段から行っている対策をとっているだけで大丈夫です。

 

ただし、あまりに長期に渡って抜け毛が続き薄毛の状態が治らない場合は、専門医の診療を受けることをお勧めします。

 

ため息をつく女性

次に加齢に伴う薄毛や抜け毛についてです。

 

女性は30代後半から女性ホルモンの分泌が減り始め、男性ホルモンの働きが強まってきて薄毛や抜け毛が酷くなります

 

これはダイエットについての話の中でも触れたように、栄養バランスのとれた食生活と、規則正しい生活習慣でフォローすることが出来ます。

 

特に髪の毛を構成する要素となるタンパク質やミネラル類・ビタミン群を中心に、他の栄養素も万遍なく食事に取り入れることが大切です。

 

シャンプーする女性

また洗髪については1日に2回以上の洗髪は、頭皮の乾燥によるフケの発生や新陳代謝の悪化による炎症を招きやすいので、決して行わないようにしましょう。

 

2〜3日に1度位の洗髪が理想的です。

 

もちろんその逆にシャンプー不足で不潔になったり、濯ぎや整髪料の洗い落としの不足、肌に合わないシャンプーの使用によって、皮脂の過剰分泌や頭皮の炎症を招かないよう注意してください。

 

その他いつも同じ分け目で髪を分けていたり、ポニーテールやお団子ヘアにしていますと頭皮に負担がかかり、やはり薄毛や抜け毛の原因となりますので、長期間同じこのスタイルを続けないように気を付けてください。

 

30代女性におすすめ女性用育毛剤ランキングはこちら
(ページ中ほどまでスクロールしてください)

関連ページ

20代女性の薄毛・抜け毛対策
近年では現代ならではの理由で、まだ20代の女性でも薄毛や抜け毛に悩んでいる人が多い。それはどんな理由?20代女性の薄毛・抜け毛の原因・特徴・対策についてまとめました。
40代女性の薄毛・抜け毛対策
40代女性は早ければ40代前半から更年期に入り、女性ホルモンの急激な減少によって身体に様々なトラブルが起こり、イライラ・火照り・シワ・たるみ等の症状の他に、薄毛や抜け毛が目立つようになる人もいます。
50代以上女性の薄毛・抜け毛対策
50代以上の女性の薄毛や抜け毛は男性の場合とは全く異なり、更年期や加齢による薄毛や抜け毛を意識した対策が必要となります。 ここでは50代女性の薄毛・抜け毛の原因・特徴・対策のお話をしています。