20代女性の薄毛・抜け毛対策

ここでは20代女性の薄毛・抜け毛対策のポイントについて、お話していきたいと思います。

 

頭を抱える女性

近年では現代ならではの理由で、まだ20代の女性でも薄毛や抜け毛に悩んでいる人が多いです。

 

女性ホルモンのエストロゲンは20代後半をピークに減り始めるのですが、本格的に女性ホルモンの分泌の減少の影響で、薄毛や抜け毛が酷くなるのは、更年期に入る40代以降が普通だと考えられています。

 

20代薄毛や抜け毛になるのは重い病気にかかる等の特別な例を除けば、食生活の乱れや特定の食材しか食べない、或いは極端な食事制限を伴う無理なダイエットによるヘアサイクルの乱れ、間違った方法でも洗髪、添加物の多い洗浄力の強すぎるシャンプーの使用、頻繁にカラーリングを行っていること等、外的な要因だと思われます。

 

睡眠中の女性

ですので、心当たりのある場合は特別な方法で対策をとる必要はなく、ダイエットをしている人は髪の元となるタンパク質やミネラル、栄養の補給になるビタミン群を含む野菜や果物等を中心に栄養バランスのとれた食生活を送り、簡単なカロリー計算と体重や体脂肪率の測定と記録をする、レコーディングダイエット等に切り替えると良いでしょう。

 

また脂っこいものや高カロリーのもの偏った食生活や、過度の飲酒や喫煙を伴った暴飲暴食を止めて、早寝早起きを柱にした規則正しい生活習慣を身に付けることが大切です。

 

また夜のお付き合いは控え目にして充分睡眠をとり、時間がある時は運動不足を避けるため、ウォーキングや軽い体操等の適度な運動を行いましょう。

 

適度な運動をすることによって身体や頭皮の血行が良くなり、有効な薄毛・抜け毛対策となります。

 

マイナチュレシャンプー

また正しい洗髪方法としては事前のブラッシングやお湯だけでの洗髪をよく行ってから、出来れば植物由来無添加アミノ酸系の刺激の少ないシャンプーを、よく泡立ててから髪に付け、指の腹で揉み込むように頭皮マッサージも兼ねて優しく洗ってください。

 

爪を立てたり、ゴシゴシ力を入れて洗うのは禁物です。

 

濯ぎは濯ぎ忘れのないように時間をかけて行い、入浴後は柔らかい綿製のタオルでゴシゴシ拭かずに髪の毛を挟んで水分を押しとり、ドライヤーの冷風と温風を上手に使い分けて乾かすようにしましょう。

 

髪を伸ばしてポニーテールにしている人は牽引性脱毛症になりやすいので、別のヘアスタイルにするか、長時間続けないように気を付け、いつもパーマやカラーリングをしている人は、頭皮や髪の負担になっていますので、もしオシャレとして続けたい場合でも、なるべく間をおいて行うようにしてください。

 

髪のきれいな女性

 

なお出産後に女性ホルモンの急激な減少によって急に抜け毛が増えてしまう女性もいますが、妊娠前後のホルモンバランスの変化による自然な減少ですし、大体半年から1年でおさまると言われていますので、出来る範囲での対策をとっていれば心配はありません。

 

また育毛剤を使用したい場合は、ドライヤーをかけてから付けてしばらく放置し、またドライヤーをかけるという形が一般的です。

 

20代女性におすすめ女性用育毛剤ランキングはこちら
(ページ中ほどまでスクロールしてください)

関連ページ

30代女性の薄毛・抜け毛対策
30代女性の薄毛・抜け毛対策。30代は頭皮の曲がり角。 このくらいの年代から加齢による抜け毛・薄毛や出産後の抜け毛で悩む女性が増えてきます。
40代女性の薄毛・抜け毛対策
40代女性の薄毛・抜け毛対策。40代女性は早ければ40代前半から更年期に入り、女性ホルモンの急激な減少によって身体に様々なトラブルが起こり、イライラ・火照り・シワ・たるみ等の症状の他に、薄毛や抜け毛が目立つようになる人もいます。
50代以上の女性の薄毛・抜け毛対策
50代以上の女性の薄毛・抜け毛対策。 50代以上の女性の薄毛や抜け毛は男性の場合とは全く異なり、更年期や加齢による薄毛や抜け毛を意識した対策が必要となります。