年齢と髪の関係

髪は頭皮から生えてくるものですから、その頭皮も肌の一部であり肌も老化していくものですので、髪の毛にも当然老化現象が発生します。

 

女性ホルモン

具体的には抜け毛や薄毛になったり、髪のハリやコシが失われていくということです。

 

女性の髪の毛は30代後半をピークとして徐々に勢いを失くしていくと言われています

 

それを40代以降にははっきり実感するようになるとのことですので、ヘアケアは20代後半頃から始めておいた方がいいでしょう。

 

髪の毛がやせてボリュームダウンしたり、ハリやコシがなくなったりするのは頭皮の老化のためであり、髪の毛の生える土台である頭皮が老化すれば髪の毛を支える力も失われ、髪の毛も老化していきます。

 

先程もお話したように頭皮と肌はつながっていますので、肌の曲がり角が20代後半と言われるところから、同じ時期にヘアケアを始めることが大切だと言えるわけです。

 

悩む女性

女性の髪の毛が年齢と共に変化する要因としては、女性ホルモンのバランスの変化が主な理由となります。

 

特に50代前後の閉経の時期である更年期には、女性ホルモンの分泌が急激に減少して相対的に男性ホルモンの量が増え、頭皮の皮脂の分泌が活発になると言われています。

 

また酵素の結びつくことで育毛を妨げ、抜け毛を増長させてしまう場合もあります。

 

中高年の女性に髪のボリュームが失われて、分け目が太く見えるような脱毛症が表れてくることが多いのはこのためです。

 

殊に閉経後は、髪の毛の質が大きく変化する可能性が高いので要注意です。

 

髪を触る女性

一方20代では未だホルモンの活動も活発ですから、髪のボリュームやハリ・ツヤ・コシは健康な髪ならば十分ある筈です。

 

ですのでこの時期に抜け毛や薄毛になるとすれば、それは過度のダイエットや偏食・ストレス・パーマやカラーの繰り返し等、外的な要因が原因であることが多いと思います。

 

30代以降もキレイで健康的な髪でいたいのであれば、生活習慣や食生活やヘアケアを見直す必要があります。

 

妊婦

そして30代以降に必要であれば育毛剤を付け始め、妊娠や出産に伴う脱毛の影響を最小限に抑えるよう心がけるようにしましょう。

 

もし30代から髪が痩せ始めているという人がいるとすれば、それは20代での過ごし方に問題があると思われます。

 

40代以降は更に差が開いてくるので要注意です。

 

そして閉経後の50代以降は白髪や薄毛の症状で、多くの女性が悩み始める時期でもありますので、アンチエイジング対策も合わせて行う必要があります。

 

関連ページ

女性の薄毛も遺伝が原因のことがある
薄毛というと男性の場合は遺伝なんて言われていますが、それが女性の場合でも遺伝の場合もある!なんてうわさがあります。ここでは女性の薄毛と遺伝の因果関係があるのかどうかをお話します。
心理的ストレスと薄毛
薄毛・抜け毛というのは加齢やホルモンバランスだけではありません。 実は心理的なストレスというのも非常に関わりがあります。 ここではなぜ心理的ストレスが薄毛になるのか、そしてその対策法にはどんなことをすればよいのかをまとめました。
30代女性の薄毛・抜け毛が進行してしまう原因と対策
30代女性の薄毛・抜け毛が進行してしまう原因と対策。30代というのは頭皮の曲がり角と言われています。女性ホルモンもだんだんに減少していくため、髪の成長に必要な栄養が少なくなります。
女性型脱毛症(FAGA)
AGAというのは聞いたことがあると思いますが、実は女性にもAGAがあります。 女性型脱毛症と言われ、最近FAGAに悩む女性が多いようです。ここではFAGAの兆候チェックと、FAGAの場合の対策法をご紹介しています。
びまん性脱毛症
びまん性脱毛症というのは女性に一番多い薄毛のタイプです。 頭髪全体が薄くなっていくのが特徴で、髪のボリュームが少なくなります。 進行が遅いので気づきにくく、気づいた時にはかなりの進行状態…ということが多いです。
産後抜け毛
産後抜け毛・ハゲというのは出産を経験する女性であればほとんど通る道です。 女性ホルモンに関係があり、自然現象のためあまり気にすることはないとされていますが、出産が続いたり、育児ストレスに悩まされている女性はそのまま加齢による薄毛に続くこともあります。
粃糠性脱毛症(ひこう性)
ここでは女性の薄毛のタイプの1つである、粃糠(ひこう)性脱毛症についてお話ししていきたいと思います。粃糠性脱毛症の粃糠とはフケを意味する言葉であり、脱毛症状がない場合は「ふけ症」或いは「頭部粃糠診」と呼ばれる頭皮の病気に分類されます。
脂漏性脱毛症
ここでは女性の薄毛タイプの1つである脂漏性脱毛症について、お話していきたいと思います。脂漏性脱毛症の症状の特徴には、頭皮のベタつき・フケ・毛穴や頭皮の赤み・頭皮の痒み等があります。頭皮のベタつきは汗をかきやすい夏場には誰でも感じやすく、頭皮の痒みも季節や体調によっては、異常がなくても感じることもあります。
けん引性脱毛症
ここでは女性の薄毛タイプの1つである、けん引性脱毛症についてお話ししていきたいと思います。けん引性脱毛症とは額が広くなったり、髪の生え際の脱毛が酷くなったりする脱毛症のことです。時には分け目の紙が抜けていくこともあります。
もしかして女性型AGA?セルフチェック
もしかして女性型AGA?AGAチェック!ここでは女性型AGAかどうかをセルフチェックできる項目リストを上げています。 あなたは何個あてはまる?もし当てはまったら、女性用育毛専門クリニックにいく事も考えてみてください。
女性の薄毛治療を専門クリニックで受けるメリット
女性の薄毛・抜け毛は女性用育毛剤で解消できることもありますが、手遅れの場合も。 そんな時は、女性用薄毛専門クリニックがおすすめです。専門クリニックで治療を受けるメリットとおすすめの専門クリニックをご紹介します。
出産後の抜け毛〜原因と改善法
産後抜け毛、産後脱毛症というのは出産を経験した女性ならほぼ確実に通るものです。 自然現象なのであまり思い悩む必要はないと祝ていますが、ストレスや体の不調により産後抜け毛が止まらず、そのまま加齢による抜け毛・薄毛に突入してしまう場合もありますので、改善は早めにしておいた方がいいですよ。
女性の薄毛・抜け毛の原因は便秘と関係がある
便秘が続くと抜け毛が酷くなったり、髪の毛がバサバサになったりすると言われているのは、髪の毛と便秘とには深い関わりがあるからです。腸内環境は身体全体に及びます。もちろん髪にもです。
女性の薄毛・抜け毛のタイプ
女性の薄毛で多いタイプはびまん性脱毛症と言われています。 他、産後抜け毛や牽引性脱毛症など、女性の薄毛・抜け毛タイプについてまとめてみました。あなたの薄毛タイプはどれ?
朝シャンはハゲる?
朝シャンしてますか? その理由は「頭をスッキリさせたい」、「夜、お風呂に入らない」などあると思いますが、その朝シャンがはげになる原因になっていることご存知でしょうか?
無理なダイエットは薄毛・抜け毛を引き起こす
ここでは無理なダイエットが何故、薄毛・抜け毛を引き起こすのかについてお話していきたいと思います。ここでいう無理なダイエットは特定のものしか食べない、或いは極端に食べる量を減らすようなダイエットのことです。ダイエットをしてスリムになり、健康な身体を維持したいと望む女性は少なくありませんが、スタイルのいい女優やモデルのようになりたいと思い無理なダイエットをして、体調を崩すケースもあると聞きます
男性と女性の薄毛・抜け毛のメカニズムの違い
男女ともに起きる、髪の薄毛・抜け毛ですが、実はメカニズムが違います。 ここではそのメカニズムの違いを説明します。
更年期女性の薄毛・抜け毛は女性ホルモンを整える
女性の更年期に起きる抜け毛や薄毛を、女性ホルモンのバランスを整えることで改善できるということと、その方法についてお話していきたいと思います。
年代別薄毛・抜け毛対策
年代別の薄毛・抜け毛の対策をご紹介します。 薄毛・抜け毛は加齢だけが原因ではありません。 若い世代でも増えている髪の悩み。 そのまま放置しているともっとひどくなってしまうかもしれません。